スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族3人の会話「アメリカ全土で同性婚認められる」

家族3人の会話「アメリカ全土で同性婚認められる」


新聞を見ていた妻が、
妻「とうとう、アメリカ全土で、同性婚が認められたのね。」
娘「認められると、どういいの?
  事実婚で、養子縁組してるのと違うの。」
妻「それは、違うわよ。税金の配偶者控除だって認められるし、
  その他、一事が万事ちがってくるわよ。」
私「戸籍はどうなるんだろうね。女性二人の場合、
  『夫と妻?妻と妻?』」
娘「そうだね。どうなるんだろう。」
妻「『夫』という言葉に、『男性』を意味する要素があるかないかじゃない?」
娘「なるほど。お母さん、今日冴えてるね。」

私「あのさあ、南米のある国で、女装して外を歩くことが、
  最高裁で、無罪とされたんだって。」
娘「最高裁なの?そんなの無罪に決まってんじゃん。」
妻「何言ってるの。イスラム圏では、同性愛は、死罪なのよ。」
私「そうなの?じゃあ、女装の外出は、危ないね。」
妻「詳しく知らないけど、女性は外に行くとき、
  頭を黒い布を被って、顔は、鼻から下にベールじゃない。
  顔を、見せようものなら、大変らしいわよ。」
娘「じゃあ、目しか出してはいけないんだ。
  だったら、女装も何もないじゃない。」
私「そうでもないと思うよ。
  ベールで顔をかくした姿そのものが、女性の象徴なら、
  男がその姿をするだけで、女装になると思うけど。」
娘「アイメイクだけすればいいのか。」
妻「アイメイクなんて、とんでもないわよ。」
(3人笑う。)

私「女性の普段隠されているところを見ただけで、男は胸をドキドキさせるね。
  韓国のチマチョゴリは、女性の脚が完全に隠されている。
  あるとき、川で、チマチョゴリから足のふくらはぎまで出して、
  足を洗っている女性を、たまたま男が見てしまう。
  女は、『キャー。』と言って足を隠す。
  男は、『これは、失礼。』と言い、顔を赤くして後ろを向く。
  そんな場面があったよ。たかが、ひざから下のことなのに。」
娘「今なら、胸を見られた恥ずかしさってところだね。」

妻「女装と言えば、関ジャニの人たちが女装して、CMに出てるわよ。
  それが、けっこう可愛いのよ。」
私「そうなの?関ジャニは、紅白歌合戦でも、前に女装したよね。」
娘「お父さん、よく知ってるね。ほんの1コマだったよ。」
私「T(息子)に聞いたんだよ。あれ、だれ?って。
  関ジャニじゃない?って言ってた。」

娘「女装で女の子みたいになるの他にいっぱいいるよ。」
私「誰?」
娘「ジャニの手越祐也とか杉浦太陽とか。」
私「だれ?(本当は知っている。)」
娘「(スマホで、女装写真をすぐに出してくれる。)
  これらの子たち、みんな男の子だよ。」
私「わあ、ほんとなの?」
妻「わたしにも、見せて。まあ、女の子と変わらないわ。」

娘「それがねえ、前、お父さんが言ってたけど、
  完全に女の子になっちゃうと、女の子のファンは、引いちゃうのよ。」
妻「どういうこと?」
娘「手越くんなら、彼は、女装しても、話し方や仕草は男のまま。
  他の子も、声は、低い男のままとか、どこか男の部分を残している。
  そうしておいて、ときどき100%女の子になって見せる。
  すると、女の子は、『キャー。』って喜ぶわけ。」
妻「なんとなくわかるわ。」
私「女優の男装も同じかな。
  『花ざかりの君たちへ』で、男装した堀北真希を見たけど、
  どこか、女の子が残っていて、そこが、よかったりした。」
妻「松田かよさんや椿姫彩芽さんは、どうなの?」
娘「あの人たちは、初めから女の子として、あたし達の前に登場したの。
  だから、女装じゃなくて、女の子なわけで、みんな抵抗感じない。」

娘「お父さん、前に言ってたけど、男優は、
ちょっと女性的なところがある人の方が人気が出るって。」
私「100%男って人も人気出るよ。」
娘「例えば?」
私「上田寛。」
娘「女性的な要素のある男優は?」
私「佐藤健。」
娘「SMAPでは?」
私「キムタク。」
妻「アラシでは。」
私「櫻っぷ、松じゅん。」

娘「女優さんでは、男性的な要素が必要なのね。」
私「100%女性的な人も人気出るよ。」
娘「例えば?」
妻「あたしに言わせて。男性の要素有は、堀北真希さん。
  伊藤美咲さん、北川景子さん、中谷美紀さん。」
娘「100%女性は?」
妻「仲間由紀恵さん。宮崎あおいさん、えりか様。
  ああ、考えて行けばきりがないわ。」

娘「じゃあ、朝だから、この辺までだね。」
私「そうだね。」
妻「そうね。」

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。