家族4人の会話『ピザは、まだ~?』

家族4人の会話『ピザは、まだ~?』

※1度書いた気もします。だとしたら、ごめんなさい。

1年程前のことです。
ピザを取ろうということになりました。
ピザは、我が家にとって、おご馳走です。

6時ごろ、ハーフ&ハーフをどれとどれにするかで、
わいわいとやり、電話をしました。

娘「混んでて、あと40分位だって。
私「え?40分も待つの?お腹すいてるのに。」
妻「待った方が、美味しく食べられるのよ。」
私「そうだね。」

6時40分になります。

私「そろそろかな。待つのって長いね。」
妻「もう、来てもいいのにね。」
娘「混んでる時間帯なんだって。」

私「6時45分になったよ。」
妻「そうぴったりは来ないわよ。」
娘「だけど、ピザは、時間ぴったりなんだけどなあ。」
私「そうそう、時間ぴったりが、売りなんだよ。」

私「あ、6時50分になったよ。6時に電話したんだよ。」
娘「電話してみっか?」
妻「やめなさいよ。10分ぐらいで。」

そう言う妻も、時刻が、7時になると、冷静を欠いてきます。
妻「遅いわ。何かあったのなら、店が連絡よこすべきよ。」
娘「あたしが、電話で、言ってやっか?」
私「いや、ぼくが電話して、がみがみ言ってやる。」
妻「とにかく、あと10分待ちましょう。」

そのとき、ピザ店から電話。娘が出る。
配達の人が、玄関まで届けたのだが、そこでつまずいて、
ピザを台無しにしてしまったとのこと。
大至急作り直して、届けるとのこと。

私「ええ?配達の人、玄関まで来ていたの?
  じゃあ、家に一言言えばいいのに。
  いちいち店に帰る時間、早く事情がわかったのに。」
妻「そうよね。落としたって、食べられる状態なら、それでいいのに。」
私「半額にしてくれたら、大歓迎だよ。」
娘「お父さん、それ、せこいよ。」

私「また30分待つの?もう、がっくりだなあ。」
娘「あたし、やっぱ、もう一回電話して、家を最優先にしてって言おうかな。」
私「それは、ぼくがやる。A子は、配達の人に一言言いなよ。
  そりゃ、誰だって失敗はあるよ。でも、そのとき、どうするかが問題。」
娘「そうだよね。そのとき、家に言うべきだったよね。」
私「だろー?」

そうこうするうち、ピザが来たのでした。
ピンポーンの音。
すると、今まで沈黙を守っていた息子が、さっと玄関に行きました。

P「いやあ、遅くなっちゃって、本当に、すみません。」
息子「いえいえ、ドンマイですよ。」
P「この玄関まで来てたのに、落としちゃって。どうしていいか、パニクっちゃって。」
息子「誰でもそうですよ。ミスしたら、あわてますよね。」
P「これ、店長から、お詫びの印です。(1000円)」
息子「わあ、それは、かえって申し訳ないです。」
P「じゃあ、ほんとに申し訳ありませんでした。」
息子「こちらこそ。暗いですから、お気をつけて。」

息子の言葉を聞いていて、私と娘は、深く反省したのでした。
娘「(小声で)この家で、アイツが一番人間できてるね。」
私「そうだね。」

「ピザだよー。」と、息子が、にこにこピザを持って来たとき、
みんな、すべて忘れて、にこにこしたのでした。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム