スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<最終回>「倉田洋子対バレーボール部戦」④(戦いの終わり)

これで、最終回です。少しも女装の出てこないものでしたが、
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
===============================

<最終回>「倉田洋子対バレーボール部戦」④(戦いの終わり)


3人は、高井の味わった恐怖を知った。
本当に顔面を打たれていたら、お仕舞いだった。
もう怖くて、ブロックができない。

<3対9>

見るも無残な光景だった。
洋子一人の気迫で、レギュラーたる3人が、本来挙げるべき腕で顔を守ってしまった。
そして、床に崩れ落ちたのだった。

洋子は、ボールを持って、エンドラインに戻り、笛を待った。
やがて笛が鳴った。
洋子は山なりのサーブを出した。

レギュラーはとっくに、洋子に勝てるとは思っていなかった。
だが、せめて、自分達の力で、1点取りたかった。
大蔵は、鳥居に、命がけの1本を決めてくれと言った。
そんな気持ちで、大蔵は、理想的なトスを上げた。
すると、いつも中央にいる洋子が、鳥居の前に走った。
そして、鳥居と同時にジャンプをした。
鳥居が全身全霊のスパイクを放った。
すごい音だった。
だが、レギュラーが見たものは、
自分達のコートに突き刺さるボールだった。
洋子は、強打をしたのではない。
鳥居のスパイクを弾き返しただけだった。

ダイレクト・スパイク。
まさかそんな・・。
ブロックするのがやっとのはずの鳥居のスパイクが、
直接スパイクで返された。

そのとき、コートにあるボールが、裂けていた。
オリンピックなどでは、ままあることだが、
打球の威力で、ボールが破れてしまう。
レギュラー達は、その破れたボールを恐いものでも見るかのように眺めた。

<3対10>

鳥居は、力尽きて、ガクッと片ひざを床に付いた。
そして、荒い息をしていた。
「俺のスパイクが、ダイレクトされたのか。」
鳥居は床を見つめた。

もはや洋子の勝ちは目に見えていた。
汗だくになっているレギュラーに対して、洋子は汗一つかいていなかった。
あれだけジャンプ・レシーブをし、動き回っているのに。
しかも、制服姿であるのに。
それが、レギュラーの焦燥感を募らせた。
中学バレーのときから、天才と呼ばれてきた彼らが、
初めて味わう敗北感であり、惨敗感であり、無力感だった。

あと、5点ある。5点もある。
レギュラーは、絶望に近い思いだった。
相手は、ただ、スパイクを山なりに拾うだけの試合で、
自分達は、これほどまでにやられている。

全日本高校1位になったプライドなど、とっくに崩れ去っていた。
もし、洋子がスパイクを打っていたら、あっという間に試合は終わりだった。
「顔面あり」なら、悲惨なことになっていた。

鳥居と大木は、疲れのため、ほとんどスパイクのジャンプが出来なくなっていた。
棒のように脚が動かない。少しのジャンプもできない。
大蔵からのボールを、相手コートに入れているだけだった。

レギュラー達は6人がかりで、技能面、体力面、精神面と、
全てにおいて、たった1人の洋子に至らないことを認めた。
洋子に、畏れを抱いた。

試合をはじめて、3時間10分、レギュラー側のミスで、
<3対15>、レギュラーは敗れた。
床に倒れて動けないでいるレギュラーを、
洋子は、静かに見ていた。



集合の笛で、レギュラー達は、這うようにして、集まって来た。
洋子は、大杉の横に並んだ。

「お前の勝ちだ。俺が去る前に、少し教えてくれ。」大杉は言った。
「はい。」
「何のために、今日ここに来た。」
「この学校の運動部から、暴力的指導をなくすためです。
 高井さんの顔面サーブは、大杉先生の教えですよね。
 前にここへ見に来たとき、偶然聞きました。
 『弱い相手には、顔でも腹でも狙って、相手をびびらせ、
 さっさとやっつけてこい。』
 ただこれは、相手が、インターハイレベルの、鍛えた選手に対してであって、
 一般の女子などにすれば、殺人行為になります。
 それなのに、高井さんが私の顔面にサーブを出して当たったとき、
 先生は、止めるどころか、うれしそうに笑っておられました。
 大蔵さんが、必死に高井さんを止めていたのに、
 お腹のときは、もっとうれしそうにしておいででした。
 ご自身でどう思われますか。」

「この俺は、指導者として失格だろう。
 もう一つ、倉田は何者だ。なぜに、あれほどに強い。」

「私は、今年、サッカー部の顧問の先生から、
 40発のビンタを受け、その日のうちに自殺をした、
 倉田健二の妹です。」
洋子がそう言ったとき、同学年だったレギュラー達の顔色が変わった。

「兄の死を教訓に、学校の運動部から暴力的指導が少なくなっているかと
 期待して、やってきました。
 ところが、自粛どころかひどいものでした。
 このバレーボール部がどんなひどい暴力的部であるか、
部員の皆さんには、私が語るまでもないと思います。

 サッカー部顧問の先生の40発のビンタに関し、
 大杉先生は、学校長、理事長から、口止めをされたはずです。
 そして、先生は、それに従いました。これは、法的な罪に問われることです。
大杉先生、いかがですか。」

大杉は、がっくりと、膝を付き、洋子に対し、正座をした。
「そうか、そうだったのか。
 倉田の強さは、健二の魂が宿ってのものかもしれない。
 確かに俺は、口止めをされた。そして、それに従った。
 これが、犯罪であることは分かっている。
 犯罪を犯しながら、バレー部の顧問でいたことを、
 部員の皆にお詫びをする。
 申し訳なかった。

 本来、俺が辞めるだけでよかったものを、
 部員の皆を巻き添えにしてしまった。
 レギュラーが負けるなど、露ほども思っていなかった。
 だが、スパイクをしない倉田にも、勝つことが出来なかった。
 自分の傲慢さに恥じ入るばかりだ。
 このことも詫びたい。
 すまなかった。」

大杉は、洋子と部員に深く頭を下げた。
そして、立って、よろよろと去って行った。

高井が正座をして言った。
「倉田。俺は最低だった。申し訳ない。この通りだ。
 倉田が、一心にレシーブに行く姿を見て、涙が出た。
 倉田のお蔭で、俺は、慢心を捨てることができた。
 これからは、謙虚になる。どんなに弱い相手でも、
 礼を尽くし、バカになどしない。
 約束する。倉田、すまなかった。」
高井は、床に手を付き、頭をついた。
すると、近藤、大木、田村の3人も横に正座し、
「高井と同じ気持ちだ。すまなかった。」
そう言って、頭を下げた。

「みなさんが、そう思ってくださるなら、うれしいです。
 顔を上げてください。」と洋子は、笑顔で、4人に言った。
そして、
「今日で、このバレー部は、解散になりましたが、
 もうすぐ、新バレーボール部ができます。
 それは、顧問の先生が指導をしない、部員の自主運営の部活です。
 もうしばらく時間をください。
 新しいバレー部が出来たら、みなさん是非来てくださいね。」
そう言って、洋子は、にっこりした。
「おおおおお。」
部員達は、手を取り合って、喜んだ。

体育館の外に出ると、いつもの3人がいた。
「3時間も、待っていてくれたの?」と洋子は驚いた。
「待つのは簡単だけど、今日は、大変な試合だったわね。」と恵美。
「アイスクリーム食べに行こうね。」冴子。
「もう、この時間だと、ラーメンかな。」と和也。
「それもいいね。」と冴子が言った。
「いや、伝統は守らなきゃ。アイスよ。」と恵美。
4人は、ワイワイといいながら、夜の校庭を歩いていった。
※大杉は、部活から退いたが、辞任は認められず、教員として学校に残った。
 そして、地域の小学生のバレーボール・クラブのコーチになった。
 やさしく、子供たちに接し、みんなから好かれるコーチになった。
 

<対男子バレーボール部戦 終わり>


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。