<第4話>有紀と夕月の恋④「二人の踊り絶賛!」

エピソードをほんの少し書くつもりが、長々1話書いてしまいました。
次回、最終回にしたいと思います。
==================================

<第4話>有紀と夕月の恋④「二人の踊り絶賛!」

2か月が経った。
有紀と夕月は、週に3回は会っていた。
マスコミの目を逃れて、芸能人が週3回会うことは、至難のことだった。
二人は、細心の注意を払い、人知れぬように会っていた。

ある日、スウィング事務所に、TDBテレビ局からの訪問があった。
有紀は、踊りの練習中であったが、
1階のロビーに呼ばれた。
局の西島とスウィング第2少年部担当の江崎が、ソファーいた。
TDBテレビの「芸能人パラダイス」という番組があり、
有紀がドラマで踊ったADBの「恋するマシュマロ」を、
有紀が誰かと組んで踊って欲しいという。

そして、誰と踊るのがおもしろいか、有紀の参考意見を聞きたいという。
有紀は、真っ先に大川夕月と踊りたいと思ったが、
直接夕月の名を出すのは、関係が知れてまずいと思った。
有紀は、少し考えて言った。
「ぼくは、女装で出るのですよね。」
「本番は、ADBの衣装を着てもらおうと思っている。」と局の西島が言った。
「ぼくが、男なのに女装で出るなら、同じような感じで、
 例えば、大塚少女歌劇団の男役の方が、ADKの可愛い衣装を着て踊ってくだされば、
 かなり、受けるのではないでしょうか。」と有紀。

「なるほど、おもしろいね。でも、現役の男役の人は呼べないんだ。
 彼女たちは、大塚歌劇団の舞台しか立てない。」西島が言った。
すると、江崎が言った。
「大川夕月がいるじゃないですか。もう退団しているし、
 今の彼女のクールな役どころと、ADBの衣装は対照的だし、
 彼女は歌って踊れる。彼女は、まだ女装を見せたことがありません。
 もし、大川夕月がADBの衣装で、内の有紀と踊るとなれば、
 これは、大きな目玉になりませんか。」
「なるほど。しかし、大塚夕月が出てくれるかなあ。
元歌劇団雪組のエースですよ。重いなあ。」と西島は、腕を組んだ。
『多分、OKですよ。』と有紀は、言いたいのを我慢した。

「一応、大川夕月の事務所に打診してみるか。当たって砕けろだからね。」
西島は、そう言った。

西島は、その足で、夕月の所属する事務所に行った。
夕月の事務所は、驚くほど小さな事務所だった。
ちょうど空時間だった夕月とマネージャーの小池朝子が、社長に呼ばれた。
西島と3人がソファーに座った。

夕月は、話を聞き、
「それは、是非やりたいです。
 5分ほどのショーだと思いますが、
 あたしの違う一面も見ていただきたいし、
 今後のあたしにとってプラスになると思います。
 全力でがんばります。」と言った。

夕月の言葉で決まった。
西島は、ほくほくして、局に帰った。

マネージャーの小池は、夕月に言った。
「あたし、当日が待ちきれないわ。ああ、楽しみ。」
「あたしも楽しみ。だってADBの衣装、憧れなんだもの。」
「そうなの!」
と、小池は驚いて、夕月と顔を見合わせて笑った。

二人の組み合わせは大目玉なので、
「芸能パラダイス」の予告で、
大川夕月と篠原有紀が、ADBの衣装を着て踊る・・と言うことが、
大々的に宣伝された。映像は、お楽しみということで、無し。
有紀と夕月は、TDBのスタジオで、3回の合同練習の時間を確保された。
だが、実際には、夕月のマンションで、たっぷり練習した。
曲の第3コーラスは、二人でアレンジした踊りでもいいと言われ、
二人は、カッコよくて可愛い振り付けを考えた。

また、夕月は、口パクではなく、実際に歌いながら踊りたいと言った。
これに、局はOK。
そこまで、やってくれるのかと、むしろ感激した。

衣装合わせ、かつらの選定を終えた。
後ろにバンドが入り、第3コーラス目をビートの効いたアップ・テンポな曲にする。
「芸能人パラダイス」は、ライブが売りである。
リハーサルも終えた。
関係者の反応は、上々だった。

前日、夕月のマンションで、有紀と夕月は、ジュースで乾杯した。
「明日が楽しみだね。」
「もう、わくわくしてる。」
「目玉は、夕月だよ。ぼくの女装と踊りは、ドラマで披露されてるから。」
「そうかあ、歌劇団の舞台のときより、緊張する。
 でも、ユキとなら平気。」夕月は言った。

いよいよ当日である。
スタジオには、観客として、100名近い女の子がいる。
正面には、出演者が並ぶ。
有紀と夕月は、お楽しみなので、そこにはいない。
有紀と夕月の「恋のマシュマロ」にちなんで、
本家のADBの女の子達が、15人選ばれて来ている。

番組の平均視聴率は、9%台であったが、
その日、始めから、10%を超えた。
ディレクターは、ホクホクした。
「二人が出るのは、最後だから、もっと視聴率行きますね。」
と助手の遠藤が言った。
「ああ、15%なんていう奇跡が起こるかな。」とディレクターの大石。
「ま、それは、無理でしょう。」と遠藤。

1時間番組。いよいよ最後、篠原有紀、大川夕月登場。
「あ、15%超えましたよ。」と遠藤。
「ほんとか。」

「さあ、皆さんお待ちかね、大川夕月さんと篠原有紀くんの「恋のマシュマロ」です。」
司会者が言った。

ステージは暗くなった。
「恋のマシュマロ」の前奏が流れる。」
暗い中、二人が出て来て、前を向いて並んだ。
歌の直前である「ジャン!」という音。
二人の歌声。
パッと、全照明が付点く。
同時に、女の子達の「キャー!」という声。

二人が、ADBの定番衣装を着ている。
ミニのプリーツ。肩見せのベスト。
有紀はセミロング。夕月は、ロング。
前髪をADB風に下して、隙間にオデコを見せている。

二人は、可愛い踊りを完璧に踊る。
常にスマイル、ときどき、パートナーを見て笑顔を交わす。

「大川夕月よ。可愛くて信じられない。」
「脚がめちゃ長い。もう、ステキでたまんない。」
「あんな踊りも踊れるんだ。」
「そりゃそうよ、歌劇団出身だもの。」
「有紀も、可愛い。二人の呼吸が、ぴったり合ってるね。」
観客たちが、印象的に見たのは、二人の笑顔だった。

後ろのADBの子達が、座りながら、手で同じ踊りを踊っている。

「わあ、18%いきましたよ。」とディレクター室の遠藤。
「そうか、20越えたら、お祝いだな。」と大石。

第3コーラス目に入って、リズムが変わった。
ビートの効いたパリパリした音楽。
二人の踊りが、変わる。
二人は始め、操り人形のような動きで、
ぴったり息の合った踊りを見せ、会場を沸かせた。
それから、可愛くて、しかもカッコイイ。切れのあるダンス。

観客は、再び「キャー!」。
「ステキ、ステキ、ステキ!」と声を上げた。

ADBの子達も大喜びだった。

「おおおお、ついに20%越えです。」遠藤。
「もう、たまらんなあ。こんなことがあるのか。」と大石。

最後に、有紀と夕月は、手を取って、決めのポーズで終わった。

観客の子達が、総立ちになって拍手を送った。
出演者も総立ちになって、拍手をした。

夕月と有紀は、両手で握手をして、『やったね!』と心で言った。
観客に手を振り、出演者に礼をした。

司会が来て、マイクを向けた。
「大川夕月さん。大受けですが、ご感想を。」
「もう、うれしいです。あたしが、こんな可愛いADBさんの衣装で、
 皆様の前で踊れるなんて、夢のようにうれしいです。
 応援ありがとうございました。」
「有紀さんは、いかがですか。」
「憧れの大川夕月さんと踊れるなんて、練習も含め、
 夢のようでした。
ADBの皆さんと同じ衣装を着ることができたことも、
うれしくて、たまりません。今日は、ぼくの最高の日です。
ありがとうございました。」

番組は、興奮の内に終わった。

瞬間視聴率22%を記録した。


(最終回につづく)


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム