スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実話:新宿編「ヘイ・ジュード」

今日2つ目の再投稿です。
先の投稿は、私にとっては、大きな出来事でしたが、
皆様にとっては、それほどでもない出来事ではないかと思いました。
そこで、もう一つ投稿します。
どちらかを読んでくださると、うれしいです。
===============================  

「ヘイ・ジュード」


お客さんの中には陽気な人もいれば、静かな人もいる。
当然だけど。

その日、偶然なのか、静かなお客さんが3人来た。
みんなさんそれぞれ、お一人で、ばらばらに。

その3人の男性が、そろったのは、10時を過ぎた頃だった。
みなさん、40歳の中ごろだった。
そして、黙々と飲んでいた。

ふとAさんが、ママと映画の話をした。
すると、Bさんが話しかけてきた。
それから、お二人で話をしている。

「最近、一番いいのは、『男はつらいよ』の山田洋次でしょう。」
「いや、大島渚の『新宿泥棒日記』じゃないかな。」
などと。
そして、Cさんも映画好きのようで、お話に加わり、
3人で、話がはずんでいった。

ママさんも私も眼中にない様子。

私はママに小声で、
「こんな時もあるんですね。」と言った。
「たまにね。お客さん同士で話してくれると助かるの。
 でも、お話は、聞いているのよ。」
とママは小声で教えてくれた。

3人の男性は、話しながら、水割りをどんどん飲んで行った。

映画のお話は、ずっと続いていた。

やがて、洋画に移り、ヒッチコックとかジョン・フォードとか。
アメリカの男優で一番の男は、ジョン・ウェインだとか。
カーク・ダグラスは、男っぽいと言われているけど、
ジョン・ウェインの半分も男じゃないとか。

11時を過ぎた頃、3人の男性は少しウィスキーが回り、
お話はどう巡ってか、ご家庭のことになっていた。

その内、Aさんは、ご自分のことを語り始めた。

「私はねえ、一人娘が5歳のとき離婚しましてね。
 私の浮気です。
 娘はもう成人になっているけど、どうもいい暮らししてないみたいなんですよ。
 私は今も仕送りしていますが、それじゃ足りないみたいで。
 それに母親は病気をしました。
 それで娘は、中学を出たら働き始めました。
 辛いこともあるだろうなあと思って…。」

Aさんは、ウィスキーで感傷的になったのだろうか、泣き始めた。

ママも私もあとの2人のお客さんも、だまって、Aさんの次の言葉を待っていた。

Aさんは、やがて続けた。
「私は、あの子の5歳まで、たっぷり可愛がったつもりです。
 でも、それっきりです。
 可愛がってやりたくても、私は帰れる立場じゃないですから。
 あの子は、私のこと覚えていてくれるのかなあ。
 これから先、大丈夫なのかなあってねえ、いつも思っています。」

Bさんが、Aさんの肩をたたいて、
「大丈夫だよ。心配しなくたって…。」と言った。

「あたしも、大丈夫だと思います。」私は言った。

私が急にしゃべり始めたので、ママも3人のお客さんも、
驚いて、私を見た。

「私の母は、私生児として生まれました。
 でも、5歳まで、父親にも母親にもすごく可愛がってもらいました。
 それから事情があって、
 祖母に当たる人に育てられました。
 祖母はお嬢様育ちで、働く人ではありませんでした。
 だから、ずーと苦しい生活で、貧しくて、
 小学校を出てから母が働いて、祖母と二人暮らしで来ました。
 辛かったと思います。でも、母は言っていました。
 人は、人生の中で思いきり可愛がられた時があれば、
 後は、一生やって行けるって。
 楽しかったその日のことを思い出して、明るくがんばれるって…。
 5歳まで自分を思いきり可愛がってくれた両親のことは、絶対忘れないって…。
 母は今、とても幸せでいます。」

私はそのとき、自分の頬に涙が流れているのを感じた。

Aさんは、じっと私を見て、
「そうかい。ナナちゃんのお母さんはそう言ったのかい。
 じゃあ、あの子も大丈夫かな。」

ママが、
「Aさん。ナナちゃんが大丈夫って言ってるんだから、大丈夫よ。」と言った。

「ちょっと音楽かけようかな。」とママは言い、
あるレコードをセットした。

流れて来たのは、ビートルズの新曲だった。

みんな、黙って曲に耳を傾けていた。

 ♪Hey Jude, don't make it bad 
   Take a sad song and make it better …

(いいかい ジュード しょぼくれるなよ
        悲しい歌でも 慰めにはなるさ)



バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。