スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実話:新宿編「唐十郎が来た!」

再投稿いたします。
ここでは、40年ほど前にならって、有名人を「さん」付けなしで、書いています。
登場する唐十郎は、劇団「状況劇場」を率いる、
当時のアンダーグランドの旗手の一人でした。

=============================

12時を少し過ぎたときだった。
あわただしく2人の女の子が店に入って来た。
「ああ、12時過ぎちゃった。」
「ママ、お願い、チャージ無しで、ラーメン2つ、だめ?」
と言う。
「しかたないわね。いいわ。」と言って、ママはラーメンにかかる。

私はその二人を見て、内心驚いていた。
どうみたって、素人の女の子。
高校生くらい。
流行遅れのワンピースを着て、
ほとんどスッピン。
それに、髪型も、内巻きのおかっぱ。
昨日、故郷から新宿へ出てきたような、
アカ抜けない女の子二人だった。

こんな12時を過ぎたゴールデン街に来るような女の子とはとても思えない。

だのに、いかにも場馴れしている。

私はおしぼりを用意して、もって行こうとすると、
ママが私を止めて、
「あの子達にはいらないわ。」と言った。

その二人がラーメンを急いですすって去って行ったとき、
私はママに聞いた。
「あの人たちは何ですか?」
「どう見たって、今日東京へ出て来たような、娘でしょう。」とママは言った。
「ええ、このゴールデン街にいそうもない感じでした。」と私。
「新宿は恐いところよ。あの子達は、ぼったくりバーの、客引き。」
「ええ?!」と私。
「あの子達は、新宿駅のあたりで、ボストンバッグ下げて、迷子の振りしてうろうろしてるのよ。
 いかにも見かけ地方の子じゃない。いいおじさんがナンパしてくるのを待ってるの。
 で、声を掛けると、ナンパされた振りして、ぼったくりバーにうまく連れて行くのね。
 で、客にさんざんアルコール飲ませて、あの子たちはトンズラ。
 客は、だいたい10万円は請求されるわね。なけりゃ、有り金とられて、
 放り出される。
 10万円の内、あの子達の取り分は、まず4万円。店は6万円。
 大体1日に2人連れてくれば、OKって訳。」

「わあ、恐いですね。ナンパなんてするもんじゃありませんね。」
「そうよ。恐いんだから。とくに新宿わね。」
「ママのここは、すごく良心的ですよね。」
「まあね。ラーメン500円だし。」
「こういうお店もあるのになあ。」



あの女の子達は、疫病神のように、このお店の景気まで持っていってしまったのか、
その後、しばらくお客が来なかった。

やがて、やっと2人の人影があり、男性2人が店に入って来た。
私は、その男性の内の一人を見たとき、
心臓が止まるほど驚き、棒立ちになってしまった。

私の余りの様子に、ママが心配して、
「ナナ、どうしたの。早くおしぼり持って行って。」と言った。

おしぼりを用意する手が震えた。
『唐十郎だ。もう一人は「早稲田小劇場」の鈴木忠志だ…。』

私はそのころ、唐十郎に心酔していて、
著書をいつも布のバックに入れて、時あるごとに読んでいた。夢にまで見た人だ。
その人が私の目の前にいる。

私はおしぼりをもって、気を正し、唐十郎の前に、
「おしぼりをどうぞ。」と渡そうとした。
でも、その手が震えた。
ママが来た。お客様の前で手があまりに震えるのは失礼だ。

ママが、私に代わった。
「すみません。お気を悪くなさいましたか。」
ママは、そう謝り、陰に私を連れて行き、
「ナナちゃん、どうしたの。」と聞いた。
私はママに小さな声で、
「唐十郎なんです。」と言った。
「ナナちゃん、唐十郎のファンなの?」とママが小声で聞いた。
「ファンなんてもんじゃないです。」と私は言った。
「わかったわ。でも、知らんふりするのよ。
 お客様が名乗れば別だけど。できる?
 そばに付かせてあげるから。」とママは言った。
「うれしいです。がんばります。」と私は答えた。

「あの、ご注文を伺えますか?」と聞いた。
「あ、水割りとラーメン、鈴木さんは?」
「同じ。」
「かしこまりました。」ママに注文を告げた。
(間違いない。もう一人は、鈴木忠志だ。)

その内、別のお客が2人来た。
私は、いそいでおしぼりの用意をしたとき、
ママが、
「ナナ、いいわよ。ずっと付いていなさい。そうしたいでしょ?」と言ってくれた。
「すいません。」と私は言って、唐、鈴木両先生の前に立っていた。

何か話しかけてくれないかなあ、とずっと期待していた。
今日のドレスはステキだし、ポニーテイルにしているのに…。
しかし、お二人は、お話に夢中で、私のことなんか見向きもしてくれなかった。
お二人のお話を聞きたかったけれど、むずかしくて少しもわからなかった。

「お待たせしました。」
と私はラーメンと水割りをお二人に渡した。(チャンス!)
手はもう震えなかった。両先生は、
「あ、どうも。」と言った切り、またお二人で話し始めた。

結局、お二人は、2時間半いて、
私の顔もろくに見てくれなかった。
私は2時間半ずっと立ったままで、
水割りのおかわりをしただけだった。
一言も話しかけてもらえなかった。

3時ごろ、お二人はやっと席を立った。
「お勘定。」と言われて、私はママのそばに行き、
お客様からお金をもらって、おつりを渡した。

お二人が帰って行く。

「ナナ。」と小声でママに呼ばれた。
「追いかけて行きなさい。一言でもお話がしたいでしょ。」
「いいんですか。」
「店の外ならいいわよ。」
「サインもらっていいですか。」
「いいわよ。」ママからそう言われ、
私は、小部屋の私の布バッグの中から本とぺんを取り出して、
それを胸に抱いて、お二人を追いかけた。

「あの、あの。」と言った。
お二人は止まって、振り返った。
「あの、唐十郎先生のファンなんです。サインをいただけますか。」
「なんだ、私のこと知っていたの。」
「この本にサインしてくださいますか。」
唐十郎は、本を手に取り、
「『ジョンシルバー』じゃないの!この本、持ってる人は珍しいのに。」
そう言って、初めて私をまともに見てくれた。
「私が一番好きな唐先生の作品です。」
「ふうん。これが、私の1番だと思うの。」
「はい。」
「唐さん、喜んでるよ。」と鈴木忠志が、私を見ながら笑って言った。(どういう意味かな?)

唐十郎は本を取り、表紙を開いて、自分のペンでサインを書いてくれた。
「ええっと、あなたは、ナナさんって呼ばれていたね。」
「あ、私の名前を書いてくださるのですか。なら『純』でお願いします。」そう言った。
「『純』?ひょっとして君、私に戯曲を書いて送った?」
「はい。1ヶ月くらい前ですが。」
「『高屋町一丁目』?」
「そうです!」私は感激して飛び上がってしまった。
「返事が来ましたか?」
「いえ、まだいただいていません。」
「それは、すまないことをしました。
 あの作品は、スウィートな面はとてもよく書けているんですよ。だけど、
 人間はもっとどろどろした存在でしょ。だから、それを盛り込むとよくなりますね。」
唐十郎はそう言った。
「はい。ありがとうございました。」
「そうですか。ゴールデン街にいるあなたのようなお若い女性が書いたのですか。想像もしませんでした。」
唐十郎はそう言って鈴木忠志と共に去って行った。

私は、しばらくお店のことも忘れて、
本を抱きしめ、夢心地で見送っていた。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。