<その2>「女装出張サービス『不発』体験記」

<その2>「女装出張サービス『不発』体験記」


昨日の続きを書きます。
前に、簡単に書いたことですが、詳しく書きました。

池袋の「C企画」です。
何度も客になっているので、お馴染です。
「今日、可愛い人いますか。」
「はい、います。今No.1の子がいます。」
「じゃあ、その人お願いします。」

ナンバー1かあと思って、私は、ホテルの部屋で、うきうきと待っていました。
やがて、ピンポーン。
ドアを開け、彼女を見て、「やったー。」と思いました。
背は、165cmくらい。スレンダーで小顔です。
「女の子」を感じさせる可愛い人でした。

彼女は、部屋に入って、
まず、「シャワーをお借りします。」と言いました。
彼女の仕草、動作、ばっちり女の子でした。
『そうか、一度裸を見せてくれるわけかあ。さすがナンバー1。』と思いました。
彼女は、裸になって、下半身を洗い、バスタオルを女の子巻きにして出て来て、
体を拭いて、また、白いスリップとショーツをショーツを履きました。
『分かってるなあ。』と私はうれしくなりました。
女装子は、丸裸になってしまったら、男が目立ってしまうのです。

彼女は、私に会釈をして、ベッドに横になりました。
私は、ドキドキしていました。
私は、Tシャツとパンツだけになり、彼女の横に寝て、
彼女をなで回しました。
彼女が、声を出しました。
そこで、キスをしました。
私は、彼女に胸が少しあることに気が付きました。
『そうか、ホルモンをやっている子だ。
 じゃあ、アソコは、元気にならないかもしれない。』
そう思いながら、彼女の乳首を、スリップの上から刺激しました。
彼女は、「いや~ん、いや~ん」と女の子の声を盛んに上げました。
私は、興奮してしまいました。

彼女は、アソコを大きくしていました。
しかし、ホルモンのせいか、固くはなっていません。
私は、そこをズバリ愛撫しました。
彼女の声が、最高潮に達しました。
『本気かなあ。商売用の演技かなあ。』と思っていました。
その内、彼女は、「抱いて。」といいます。
私は、抱きしめました。

そのとき、彼女は、自分でPを愛撫し始めたのです。
『え?あなたをイかせるのは、私でしょう。』と思いましたが、
彼女は、瞬く間にイってしまいました。

「どうして、自分でイっちゃったの?」私は、しばらくして聞きました。
「ごめんなさい。お客様が、お上手だから、
 たまらなく興奮して、我慢できなかったの。
 あたし、ホルやってるから、めったにイけないの。
 でも、今日は、イけるって思ったので、してしまったの。」
「そうなんだ。
でも、イっちゃったら、やる気なくなるでしょう。
後の、お客さんに、差し支えない?」
「今日は、お客様が、多分最後だから、イっちゃったの。
 これから、手とお口で、ご奉仕します。」

そのとき、私は、気分がすっかり平常に戻っていました。
「ここまでで、もういいよ。
 あなたの、イくときのお顔、拝ませてもらったし、
 あなたが、本気で感じていたってわかって、私なりにうれしいから。」
「ほんとに、いいの?あたし、まだ、何にもしてません。」
「いいの、いいの。ケーキがあるから、一緒に食べよう。
 いろいろお話聞かせて。」
「わあ~ケーキですか。」と彼女は喜びました。

服をお互いに着て、ケーキを食べながら、お話しました。
「あなたは、TS(=GID)だね。女装子じゃないと思うけど。」
「はい、そうです。体も女の子になりたいの。」
「あなたなら、可愛い女の子になれると思うよ。すでに、可愛いし。」
「ほんとに?あたし、トークがだめだから、『お店』では、働けないの。」
「このお仕事は、どんな男が待ってるかわからないから、恐いよね。」
「体中、ロープで縛られて、無理矢理ハードなMをやらされた子もいる。」
「このお仕事命がけだね。」
「だから、高いお金をもらえるの。」
「そうか。」
「それより、あたし達のしていること、売春じゃないかって、心配。
 いつか、警察につかまらないかって。」
「マスターは、どう言ってる?」
「男同士だから、売春にならないって。でも、ウソかもしれない。」
「売春の定義に、『男女が・・性交・・』ってあるから、
男同士で、性交もありえないから、大丈夫だと思うよ。」
「ほんと?ああ、よかった。」

こんな風に、1時間ほどお話をしました。
私は、不発でしたが、いい2時間でした。


※第3話が長くなってしまいました。
  第4話は、次回に致します。

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム