スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再投稿・スーパー洋子・出版社編②「圧倒される天才少女」

スーパー洋子・出版社編②「圧倒される天才少女」


洋子が今手にしているのは、その生意気な娘、白石希来里(きらり)の推理小説、
「猫の目は闇に光る」の第1巻だった。
原稿用紙100枚を、袋とじして穴をあけ紐で結び、本にしてある。
かなり丁寧であり、投げやりな原稿ではない。
洋子は、希来里に対し、沢井が言うほどの悪い印象は持たなかった。

白石希来里は、明日、残りの2巻から5巻を持ってくるという。
洋子は、手にある第1巻を、パラパラパラと見た。
「なるほど、知的でおもしろそうな展開。
 さすが、IQ200。」と洋子は思った。



翌日、洋子は、よく充電された小型のパソコンを持って、
1階のブースで白石希来里を待った。
出版社の1階は、自費出版の客と編集者が応接する場であり、
会社のイメージをよくするために、特別に内装を凝らしてある。
受付嬢の2人は、超美人。
客と打ち合わせをしていると、美人の受付嬢のどちらかが、
コーヒーなどを持ってきてくれる。

洋子が待っていると、受付嬢が、
「白石さんが、お見えです。」と言いに来た。
洋子は、「はい。」と言って、玄関に白石希来里を出迎えに行った。
希来里は、昨日の沢井の言葉通り、金髪のカールを、頭からたくさん垂らし、
髪にたくさんの小さなリボンをつけていた。
服は、人形のようなドール服だった。
その服装に似合わず、ガムを噛んでいた。
顔立ちはとても可愛かった。
これは、誰が見ても、T大の医学部の学生とは、思わない。

「お待ちしていました。どうぞ。」と洋子が言うと、
「うん。」と希来里は子供のように言った。

ブースに案内して、希来里と対面に座った。
希来里は、斜めを向いて座り、腕をソファーの背に乗せていた。
かなり、お行儀が悪い。
洋子は名を名乗り、名刺を出した。
希来里は、名刺を見もしなかった。

洋子は、UBSメモリーを差したパソコンを開いた。

「今日は、2巻から5巻までお持ちくださいましたか。」と洋子。
「うん。」とまた言って、希来里は、原稿用紙100枚を袋とじにして、
紐で本にした4冊を、乱暴にもポンとデスクにほうった。
「少し、乱暴ですね。」と洋子は言った。
「いいの。ちゃっちい推理小説だから。」と希来里は言った。
始終、ガムを噛みながら、ぶすっとした顔をしている。
横を向いているが、ちらちらとは、洋子を見ていた。

「拝見します。」と言って、洋子は、2巻目を、パラパラパラとめくり、
5巻まで、30秒程でパラパラとめくった。
これで、洋子は、物語の全文を記憶した。

「少々お待ちください。」
と洋子は言って、希来里の前で、猛烈なスピードで、キーボードを打ち始めた。
その速さは、ピアノの32分音符を連打するごとくで、
指の動きが目に見えない。

希来里は、初めてまともに洋子に目をやり、洋子の指を見ていた。
どうも、感心しているようである。
打ちながら、洋子は、
「今、飲み物を伺いに来ますので、少しお待ちください。」
とにこやかに希来里を見て言った。
その間も、指は動いている。

やがて、飲み物のお伺いが来て、希来里も洋子もコーヒーをたのんだ。

「飲み物が来るまで、もう少しだけお待ちくださいね。」
と洋子は言い、少し経って、洋子は、打ち終えた。
そして、パソコンの蓋を閉じた。
洋子は、この時、草書体で書かれた白石希来里の原稿を、すべて校正を終えて、
パソコン本体とUSBメモリーの中に、記憶し終えていたのだった。

コーヒーが来ると、希来里は、感心にもティッシュを取り出し、
ガムをそれに包んで、バッグの中に入れた。
洋子はしっかりとそれを見た。

コーヒーを飲みながら、
「白石希来里さんは、天才だって、編集の者が自慢していましたよ。」
と洋子は言った。
「たいしたことないわ。IQ200って、ただそれだけのことよ。」
本気で言っているなら、たいしたものだと洋子は思った。

「希来里さんは、可愛い方ですね。
 そのファッションもとってもお似合いです。」
と洋子は言った。
「うん。」
と希来里は、気のない返事をした。

洋子は、本題に入っていった。
「希来里さんの推理小説ですが、とても斬新で知的な作品だと思いました。」
それを、聞いて、希来里は、「え?」と声を漏らした。
(いままでのぶっきら棒を忘れたかのごとくに。)
「いつ読んだの?まだ、読んでないじゃない。」
と、初めて洋子に体を向けた。
「さっき、拝見しました。」

「え?じゃあ、あのパラパラっと見たとき?」
「はい。」
「うそ。草書体よ。あんなに早く読めるわけがない。」
「何体でも同じです。正しく崩された文字なら、等しく読めます。
 希来里さんの字はお手本のような綺麗な草書でしたので、するすると読めました。」
希来里は、さすがにぽかんと口を開けた。
洋子は、USBメモリーを抜いて、
それを、希来里に差し出した。

「これが、第一校正です。私は、下っ端ですので、これから、
 第二校正を近藤、第三校正を坂田がします。」
「ま、まってよ。」と希来里はあわてたように言った。
「あたしの原稿を活字入力し、さらに校正したのが、
 このメモリーの中にすでにあるっていうの?
 うそ?何時やったの?」

「さっき、私は、必死にキーを叩いていたじゃないですか。」
「あれが、そうだったの?原稿見てなかったじゃない。」
「あたしは、一度読んだものは、全文暗記します。」
「うそ・・・。」希来里は乗り出していた体を、椅子に沈めた。

希来里は、何やら考えながら、コーヒーを飲んでいた。

「希来里さんは、あの原稿が読めて、校正ができる者とご指定でしたので、
 沢井に代わり、私倉田が参りました。」
「あなた、どういう人なの?」
「沢井より1年先輩である者です。」
と洋子は答えた。

「本題ですが。」と洋子は始めた。
「原稿には、56か所の誤字があり、27か所の脱字がありましたので、
 そこは、直して赤字にしてあります。
 また、文章表現を直した方がいいと思われるところは、
 原文の横に、青でよりよいと思われる文を並べておきました。
 これは、希来里さんが、比較して、お選びください。

 あと、点、円、会話文のカギかっこ、
 そして、段落取り等は、一般の文のように、直しておきました。

 また、推理小説として、条件不足と思われるところが、
 全体に7か所ありましたので、そこも、末に意見書を添えました。
 この7か所が克服されないかぎり、
 この小説は、最後に犯人を1人に特定できないと思いました。
 犯人は、1人なのですよね。」
洋子は言った。

希来里は、驚きの表情をして、洋子を見つめっぱなしだった。

「そう、1人。そのつもりで書いたの。
 例えば、どこが変だったの。」
希来里は力なくたずねた。

希来里は、洋子の圧倒的な能力を目の前にして、
IQ200というプライドが、ガラガラと崩れていくのを自覚していた。


つづく

■次回予告■

推理のミスを指摘していく中で、
今度は、洋子が希来里を推理します。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。