エッセイ「女装は先天的?」

エッセイ「女装は先天的?」


性的興奮を伴う女装は、先天的だろうかと、考えました。
先天的だろうと思われるのです。
性的興奮を伴わない女装であれば、後天的だろうと思います。
それは、女装のミス・コンや学園祭の女装喫茶に出たことをきっかけに、
女装が、おもしろくなった。こういう方も大勢おられると思います。

GIDの方は、間違いなく先天的だと思います。
多分、母体の中での成長過程で、体の発達と心の発達が、
食い違ってしまったためと思われます。

性的興奮を伴うもので、SMは、後天的なものだと思います。
男子はS、女子はMというのは、種の保存のための必要な特質で、
先天的だと思いますが、これは、性的興奮を必要としません。
プレイとしてのSMは、体験をしてみて、
だんだんそれがよくなり、性的なものと結びついていったのだと思います。

フェチシズムも後天的なものと思います。
極年配の方は、着物の長じゅばん、特に赤い長じゅばんに、
性的な興奮をお感じになるようですが、
今では、女子の下着、スリップ、ブルマー、スクール水着などに、
性的興奮を抱かれる人が多く、
これは、生育過程での環境によるもので、後天的なものであると思います。

さて、再び、女装です。
脳の断層写真で、ある程度、男脳と女脳がわかるそうです。
ある検査で、何人かのニューハーフさんの脳画像を調べたところ、
かなり多くの人が、「女脳」に近い脳であったと報告されています。

この男脳、女脳は、体格とは別物であるそうです。
運よく、女性的な体形に生れた人は、幸運です。
また、女装願望を持つ人で、ある時期「男性的になりたい」と、
運動に励む人もいて、女装願望の「揺らぎ」を経験する人もいます。

また、「女装」という因子が、後から発現される方もいます。
多くは、物心ついたときに、女装したいと思っているものですが、
青年期を過ぎたり、壮年期を過ぎてから、女装に芽生える方がいます。
それは、後天的に学んだことではなく、
先天的にもっていたものが、後から、発現したものと思われます。

話題が少しそれました。
私は、「女装」が、先天的なものなら、
世にもう少し認められてもいいのではないかと思うのです。
「自己女性化愛好症」という概念が登場し、
この語の末の「症」という文字を見ると、
それが、精神的疾患であることを語っています。
広い意味での「女装」は、「自己女性化愛好症」とあまり変わりません。

医療機関での待遇を求めているのではありません。
女装にまつわる施設や、遊び場など、
この人達には必要なのだ・・という目で見てもらえないだろうかという願いです。
家族の理解や、職場の理解は、遠い先のことでしょう。
家での女装を認めてくれというのでもないのです。
「ちょっと女装しに行ってくる。」
「そう、遅くならないでね。」
そんなふうに言って欲しいのです。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム