私の好きなセックスパターン

私の好きなセックスパターン


私の小説を読んでくださっている方は、お気づきのことと思います。
私は、たいていワンパターンのセックス場面ばかり書いています。

●二人ともアリアリの可愛い女装子です。
 ソファーに並びます。ショーツとストッキングを脱いで、
 「男の子」が二人とも、スカートの中でフリーになります。
 ここで、二人はお互いのスカートの中に手を入れて、
 ニャンニャンするのです。
 だんだんアレが、大きくなってきます。
 ここで、「いや~ん。」とか「ああ~ん。」とか言います。

●ベッドの上では、スリップ一枚になります。
 つまり、ショーツを履いていなくて、ブラを取っています。
 ブラをしていると、女装子の場合、乳首を刺激できないからです。
 真っ裸にはしません。女装子が真っ裸になると、男の子になるからです。
 私のイメージでは、スリップは、太ももを半分隠すくらいです。

●女装子が、二人並んで鏡を見るのも大好きです。
 初め服を全部着ていて、ショーツを脱ぎ、スカートを上げて、
 「男の子」を見せ合います。
 また、服を脱いで、スリップ一枚になって、二人で鏡を見ながら抱き合い、
 キスなんかするのが好きです。

●中学生くらいの女装子少女が、スーツを着たピアノの先生なんかを誘惑していくのが、
 大好きです。
先生は、黒のタイトスカートを履いていて、
 太ももが半分見えています。
 女装子少女は、先生に少しずつえっちなことを言い、先生を辱めます。
 「先生、一人の夜なんか、ご自分でえっちなことする?」
 「何を言うの。そんなこと言ってはだめ。」
 「ねえ、先生。一人でえっちなことするのは、いけないこと?」
 「そんなこと聞かないの。」
 この頃、女装子少女は、先生の胸を愛撫し、先生の太ももを撫でていきます。
 「ねえ、先生。あたしも、少しだけするの。先生は?」
 「しません。」
 「じゃあ、どうなさっているの?我慢できない夜もあるでしょう?」
 「そんな、夜なんてないわ。」
 「うそ、先生。」
 そのころ、少女の手は、先生の胸をたっぷりもみもみして、
 太ももの手は、先生のももの奥に達しています。
 「麗子さん、止めて。お願い。」とたまりかねて先生は言い、
 少女のキスを、受け入れてしまいます。
 ・・・・・・
 ・・・・・
 とうとう先生は、下半身を裸にされ、
先生も女装子であることを知られてしまいます。
二人は、夢中になり、ジュータンの上で、上になり下になり、
お互いを愛撫し合い、果てていきます。

わたし、このパーターン好きなんです。
今までの小説で3回ほど使いました。

●外でするときは、誰もいないところで、
 二人とも、ショーツを脱いだ状態でいて、
 一人が、後ろから、もう一人を立たせたまま、胸をもんだりします。
 最後は、前の子がスカートを上げて、後ろの子が「男の子」を愛撫します。
 「いや~ん。外では恥ずかしいわ。」と叫びながら、
 前の子は、白い液を宙に飛ばしてしまいます。

このパターンも大好きです。

だいたいこんなパターンで書いています。
自分の好きなパターンからは、なかなか抜け出せずにいます。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム