スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実話「電話でSM」

「電話でSM」


この頃、えっちなものばかり書いていて、恐縮です。
私自身が、欲求不満の解消をしているのだと思います。

今回も、実話です。
歌舞伎町のど真ん中にスナックを持つS子が、
まだ、店を一人でやっていたときです。
客が来ないからと、S子から電話があり、私は、行きました。

SMの「S」というのは、才能がものをいうようです。
S子は、その才能の持ち主でした。

私がしばらくS子と話していると、電話がありました。
S子は、電話の話器の方を手で蓋をして、そっと、
「ジュン、勉強よ。聞かせてあげる。」
そう言います。
私は、カウンターの裏に入って、S子の受話器に耳を寄せました。
相手は、20歳くらいの純女さんです。

「一人なの?」とS子は女の声で。
「ええ、主人が出張なの。」女の子。
「嘘おっしゃい。あなた、まだ、学生でしょ?」
「結婚してます。」
「いいわ。そういうことにしてあげる。ほんとは、18歳ね。」
「25です。」
「わかったわ。今何をしてるの。」
「一人で本を読んでるの。」
「嘘をつくと電話を切るわよ。」
「待って!ほんとは、少しえっちなことしてるの。」
「指を入れているのね。」
「そうなの。」
「どこへ?」
「アソコ。」
「アソコじゃわからないわ。はっきりいうの。」
「・・・・・。」
「初めの字は何?」
「・・・マ。」
「全部で何文字?」
「3文字。」
「じゃあ、自分で言って。」
女の子は、羞恥の声で言いました。
私は、興奮してたまりませんでした。

「そこに、指を入れるのは、まだ早いわ。」
「え?」
「もっと、後ろの穴に先に入れるのよ。」
「え?何?」
「とぼけないで。綺麗にしてあるくせに。」
「何のこと?」
「電話を切るわよ。」
「待って、言うわ。浣腸できれいにしたの。」
「その穴を、何て言うの?」
「・・・・・。」

相手の女の子が、どんどん興奮していくのがわかります。
すでに、オ○ニーをしているのでしょう。
「いやん。言えない。お姉様、許して。」
「言うのよ。中に、クリーム入れて、準備しているくせに。」
「そんなことしてないわ。」
「初めの字は?」
「お。」
「次。」
「し。」
「次。」
「り。」
「続けて。」
「ああん、いや、恥かしいわ。許して。」
「言いなさい!」
「おしり。」
女の子は泣きそうな声を出します。

「まあ、18のくせに、お尻を浣腸して、
 クリーム塗って、これから、指をつっこもうというのね。
 ませた子だわ。」
「お姉様。あたし、27よ。結婚しているの。」
「さっきは、25って言ったわ。」
「あ、それは・・・・。」
「いいわ。25にしてあげる。じゃあ、お尻に指を入れなさい。」
「はい。」
「そして、入れたり出したりしたいんでしょ?」
「はい、お姉様。」
「どんどん、やりなさい。えっちな人妻だわ。」
「お姉様。あたし、よくなってきたわ。」
「そう。指を2本にしなさい。」
「無理だわ。1本しか入らないわ。」
「そう言いながら、もう2本入れてるんでしょ。」
「嘘よ。今、入れようとしているところだわ。」
「ちゃんと入れるのよ。」
「入ったわ。」
「簡単に入ったじゃないの。いつも、やってるのね。」
「そんなことないわ。」
「ほら、もっともっと出し入れするの。」
「してるわ。」
「どうなの。」
「感じるわ。」
それから、女の子の息はどんどん荒くなっていきました。

「お尻で、感じるなんて、インランね。」
「ええ、あたし、インランなの。お姉様、許して。」
「もっと、もっと激しくするのよ。」
「ああん、お姉様。あたし、壊れちゃう。ああん、壊れちゃう。」

女の子は、それから、どんどん恍惚の世界に入って行きました。

S子の声に刺激されて、女の子は、やがて、
後ろに入れながら、前の穴にも、入れられるように言われました。
女の子は、完全に喘ぎ声をあげていました。
お姉様、お姉様・・・・とくり返しながら、荒い息を吐いていました。
私は、それを聞きながら、たまらなくなっていました。

やがて、女の子は、絶叫し、声を震わせて、果てていきました。

私は、興奮の極にいました。
自分が果ててしまうのをやっと我慢していました。

受話器を置いたS子に言いました。
「電話だけで、これ、興奮するね。」
「今日は、純女さんだったから、あたしも興奮したわよ。」
「ねえ、25歳の人妻が、本当?」
「多分ね。でも、5歳くらい若く言うの。
 その方が、相手の方が、喜ばれるから。」

「ねえ、さっきの人、本当にお尻の穴に指を入れたの?」
「さあ、これは、双方でやるお芝居だから、
 入れたつもりで、興奮していたのかも知れない。」
「そうかあ。」と私は納得しました。

「これも、お金儲けでしょ。」と私。
「まあね。できることから、何でもやって行かないと、生活できないから。」

S子は、たくましいなとつくづく思いました。
「今度は、ジュンがやってみない。
 さっきの方、いつも、水曜日の今頃かかってくるから。」
「ダメダメ。身が持たない。」と私。
「ジュンは、やり手だって知ってるわよ。」
「うそうそ。自分が先にイっちゃう。」
「それは、あるかも。」
S子がそう言い、二人で、笑いました。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。