スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「初めて人にしてもらった思い出」

「初めて人にしてもらった思い出」


私が、初めて人に・・をしてもらったのは、
女装クラブへ行った、初の日です。
Fさんに誘われて、えっち室の入りました。
そこは、カギはありませんが、「使用中」の札をかけておくと誰も来ません。
そこは、皆さん、紳士的です。

Fさんは、鏡の前で、初めて女装をした私に、いろいろえっちなことをしてくれました。
やがて、私を布団の上に寝かせて、アソコを愛撫してくれました。
私は、そこを大きくしていましたが、なかなか達することができません。
やっぱり初めての環境で、心のどこかが閉ざしていたからかも知れません。

Fさんは、ずいぶん長くしてくださいましたが、
とうとうギブアップしてしまい、
和室の襖を開けて、応援を呼びました。
もう一人年配の方が、入って見えました。

普通ならこんなことはないのです。
10分もやってだめなら、
「今日は、だめみたいね。」と言われて終わりになります。
しかし、私の初めての夜だったので、
みなさん、何が何でも、イかせてあげるわ・・というお気持ちで、
いてくださったようなのです。

2人目の方が、10分ほどやって、ギブアップされました。

3人目の方です。
違うやり方で、試みてくださいました。ギブアップ。

こうして、4人目の方が来てくださいました。
4人目の方は、見ている人や、部屋の外にいる人に、
「みんな、ジュンちゃんの体を、さわりまくって。」
こうして、私は、10人くらいの人に、太ももや、腕や、
体中を触られ、
やがて4人目の方の愛撫で、達したのです。

そのときは、体が激しく揺れて、
脚がつったように、ピンと伸び、痙攣し、
自分一人でやったときには経験したことがないほどの快感に襲われました。
生れて初めて味わう快感でした。

「わあ~、やったね。」と皆さんは、喜びの声をあげてくれました。
私は、お礼を言いました。
「でも、こんなに激しくイく子、見たことないね。」
「うん。こっちまで、興奮しちゃったよ。」
と皆さんおっしゃっていました。

私は、長い時間をかけてもらったために、激しくイくことができたのだと思いました。
2回目は、きっと慣れてしまって、早くイってしまう。
だから、今日の興奮は、今日一回のものだろうなと思っていました。

その日から、私は、あのときの激しい快感を、よく心に思いました。
たぶん、人生一度の快感だろうなと思いました。
その通り、人生一度でした。
あのとき程の激しい快感は、あの時以来、体験できませんでした。



バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。