スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装関係用語考察

女装関係用語考察

※私の知る範囲で書いています。間違いがあると思います。
 ご指摘くだされば、訂正または削除します。

●「オ〇マ」という言葉
 この言葉の生まれは、男性が着物の裾を上げ、お尻を出して、
 しゃがんだ姿を後ろから見ると、そのお尻の部分が『お釜』に似ているところから、
 生まれた言葉です。
 女性が同じポーズをとると、男性よりお尻が大きいですから、オナベと呼ばれたりします。
 そもそも、お尻を形容したのですから、「アナル・セックス」をする人というのが、
 言葉の元の意味です。
 オネエの人、女装者でも、アナルセックスをしない人は、厳密にはオ〇マではありません。
 しかし、その後、意味が拡大して、女っぽい男子、オネエの人など、
男子なのに、女性に近い人などに使われているのが現実だと思います。

「オ〇マ」とは、純然たる差別用語です。
ところが、一般に、当事者だけは、その言葉を使ってもいいと、
認められる傾向があるようです。
だから、テレビでニューハーフさん達は、平気で、
「あたし達、オ〇マはさ。」とか、「あたし達カマはね。」などと言っています。
私は、これがとても嫌です。
自分を差別用語で自嘲的に呼ぶのはわかりますが、その瞬間、
全ての当事者を同じ言葉で呼んでいることになります。
同じ当事者からでも、そんな言葉で呼ばれたくない当事者は、大勢いると思います。

●「ホモ」と言う言葉
 ここ40年くらいの間に、やっとこの言葉が使われなくなりました。
 昔は、男子の同性愛者を呼ぶ言葉でした。
 「ホモ」とは、「単一」と言うことで、男子の同性愛者、女子の同性愛者と、
 本来両方に使われる言葉です。
 「ホモ」に対する言葉として「ヘテロ」があることは、皆様ご存知の通りです。
 今は、「ゲイ」「レズビアン」(レズまたはビアン)と、
使われていますよね。めでたし、めでたしです。

●IS(=半陰陽) と言う言葉。
 私は、IS です。当事者として一言。
 今、この言葉が、圧倒的に知名度を得たので、しかたなく、
 私自身も、この言葉を使っています。
 でも、どうか、知っていてくださいませ。
 医学用語で、IS というのはありません。
 これは、生物学用語で「中性」「中間」を意味します。
 カエルのISなどはあります。
  医学用語では、あくまで「性分化疾患=DSDs」です。
 言わば、「性の発達障害」です。
 「男子」と「女子」とを合わせて2で割ったものではありません。

 性の科学の分野では、IS(インター・セクシュアル)と呼ぶときがあります。
 しかし、この「インター(inter)」とは、「中間」というニュアンスより、
 「行ったり来たりする」というのが、本来の意味です。
インターネット、インターナショナルというがごとしです。

 つまり、ISの人は、「性自認が男女の間を行ったり来たりする」ことがあります。
 これは、「性の揺らぎ」と呼ばれていて、ISのもっとも深刻な部分です。
 女性の性自認で、女性化の治療を受けていたところ、
 ある時から、心が男性の性自認になってしまう。
 すると、男性化の治療に切り替える。やがて、また女性になる。
 このように、男女の間を、何度も行ったり来たりしている人も多くいます。
 この私も、例外ではありません。
 これは、性自認が一定であるGIDの場合と比べ、ある意味、困難ではないでしょうか。

●「ニューハーフ」という言葉。
 昔は、「ゲイ・ボーイ」と呼ばれていました。
 偏見の伴う言葉でした。
 ところが、「ニューハーフ」という言葉が登場しました。
 音楽家の桑田佳祐さんが、初めてそう呼び、呼ばれたのは、
 松原留美子さんでした。
 「ニューハーフ」と言う言葉は、奇跡的に偏見のない言葉でした。
 もう、40年も長持ちしています。
 「レディー・ボーイ」とか「クロス・ドレッサー」という言葉も、
 登場しましたが、未だ定着していません。

 「女装子」という言葉の登場には、私は感激しました。
 こんなに可愛い呼び方は、他にありません。
 「男の娘」。これは、ファッションとして女装をする人を表すニュアンスがあり、必要な言葉ですが、
 音だけでは、通じません。漢字を見て、ああそうか・・となります。そこが、今一つです。
 中国語の「偽娘=にせむすめ(ジャーニャン)」の方が優れている気がします。

●自己女性化愛好症(AG)
この言葉は、多くの女装子さんの内面を実に正しく表していると思います。
最後に「症」という字が付いています。
ここに、大事な意味があると思います。
まず、日本精神医学会で、これを、病名として認めているかどうかです。
(多分、まだ、認めていないでしょう。)
しかし、将来、病名として認められるならば、
GIDではなくとも、堂々とホルモン注射を受ける大義名分ができます。
保険の対象にもなるかも知れません。
実際、女装願望、女性願望を抱く人で、
普段の自分の精神的生活に、支障をきたしている人は大勢いらっしゃると思います。
私など、自分が女装子でなければ、自分の人生は、大きく変わっていたと思います。
一日中、女装のことばかり考えているときもありました。
AGであることは、その人の人生を変えます。

ですから、堂々と、医療の応援を得ることは、大切なことだと思います。

以上、前に一度書いたようなことを、また書いた気がします。
重複、お許しください。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。