恋と女装は両立する

恋と女装は両立する


小さい頃の、私の女装の妄想は、
スカートを履き、女の子の髪をしていて、
いわばルックスだけでした。
それが、中学生になると、性的なことを考え始めました。
こちらは女装、相手は、女の子、
二人でキスをしたり。

私は、心だけ早熟だったのか、
好きな女の子というのが、小学校の1年生からいました。
長持ちがしないのです。
ある日、ある女の子が、夢に出て来ます。
すると、次の日学校へ行くきその子を見ると、
胸がドキドキし、好きになっていることに気がつきました。

中学を経て、私は、ある女の子を本格的に好きになりました。
片想いでしたが、相手の女の子に、好感は持たれている程度でした。
その頃、私は、自○を覚えました。
私の寝る前の妄想タイムは、ずっと続いていました。
今まで、妄想だけだったのに、自○という行為が加わるようになりました。

普通の男子なら、好きな子とキスをしたり、
胸を触ったりする妄想をするのでしょう。
私の場合は、実に微妙でした。
好きな女の子のために、自分は男らしくなろうと思いました。
しかし、女装への願望は根が深く、簡単に削除できません。

私は、好きな子を妄想に登場させず、
自分が、可愛い女の子になった妄想をして、自ら果てました。
その内、好きなその子になりたいという、願望をもちました。
大変な良心の呵責にあいましたが、
私は、煩悩に負け、その女の子になって、
男の子である私自身を抱きしめたりしました。
激しく興奮してしまい、その後、耐えがたい自己嫌悪に襲われました。

人間て、1度超えたハードルを、2度目は、簡単に超えてしまえます。
私の妄想はエスカレートして、
私は、高校の制服を着た女子生徒になり、相手は、制服を着た彼女です。
二人でキスをしたり、胸を触ったり、しました。
レズビアンの甘い香りがして、私は、ものすごく興奮してしまいました。
私が、主導権を握るときもあれば、私が彼女をいざなうこともありました。
私の中で、恋と女装は、両立しました。
しかし、罪悪感は、いつもありました。

彼女と会っているときは、清らかな自分になれるのです。
しかし、夜の妄想タイムでは、全く違った自分になってしまいます。
その罪悪感に長い間、苦しめられましたが、
人間て、そんなものなのだと開き直ることができたのは、
40歳を過ぎた頃だったと思います。
遅いですね。


■次回予告■
エッセイを書きます。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。


スポンサーサイト
プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム