スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの人は、女装子さんかな?

あの人は女装子さんかな?


偽刑事にまつわり、ニューハーフさんに出会ったことを前に記事にしました。
自分には、女装子さんに出会う力があるのではないかと思ったほどでした。
そして、今日、また別の女装子さんに出会うことができました。
聞いてくださいませ。

今日、姉の病気の見舞いに、新宿まで行きました。
遠いんです。
見舞って帰る道中です。

新宿から、ある駅まで、50分ほど乗ります。
郊外の比較的大きな駅に着きました。
私の家は、さらにそこで乗換え、30分ほど乗ります。
この辺になると、ファッショナブルな女の子はいなくなります。
30分乗って、少し大きな駅までいきます。

ここから、ローカル線と言うべき電車にまだ乗るんです。
1時間に2本くらいしか来ない電車に乗って、しばらく行くと、やっと我が家の駅です。
(ほんとに、遠いんです。)

このローカル線は、水色の電車です。
やっと水色の電車が来て、乗りました。
中は、対面の4人掛けの椅子になっています。
そのとき、あるすっきりとしたコーデの女性が乗り込んできました。
いい感じの人だなと思って、彼女を見ました。
そのとき、彼女と目と目が会いました。
私は、ドキンとしました。
ひょっとしたら、女装子さんかも知れない。
第六感というものです。

彼女は、上は黒いサマーセータ。
スカートは、足首まである、ベージュのマキシです。
可愛い丸型の縁の短いハットを被っていました。
彼女は、電車に入ると、ドアの前に立ち、
電車の連絡地図を見ていました。

まだ、電車が止まっているときです。
私は、彼女を観察しました。
細く長い首。
狭い肩幅。
30歳くらい。
若い奥様と言う感じです。
お顔は、女性です。
お髭がありません。
薄化粧です。
こんな女性を、私は、なぜ女装の人だと思ったのでしょう。
まず、女装子と疑う方がどうにかしています。

でも、私は確かめたくて、彼女の隣に行って、
同じく電車の連絡地図を見ていました。
そして、おもむろに聞きました。
「この電車、〇〇行きですよね。
すると、彼女は、私を見て、一呼吸置き、「はい、そうです。」と、
かすれたような小さな声で言いました。
少し、驚いてもいるようでした。
「さっきは、同じ青色電車が、なんと新宿行だったんですよ。
 私、乗り込んでから、人に聞き、あわてて飛び出したんです。」
私は、言いました。彼女は、
「そうですか・・。」とかすかに聞こえる声でいいました。

電車は、すいていて、対面の4人掛けが、すぐ近くに空いていましたので、
「あの、座りませんか。」
と誘いました。
「はい。」と彼女は言って、私と向かい合って座ってくれました。
彼女は、無口でした。
しかし、私は話しまくって、何度も彼女を笑わせることに成功しました。
彼女は、笑うとき、両手や片手を口にあて、とても女性的でした。
ステキな人だなあと思いました。

ふと、静寂が訪れたとき、彼女は小さな声で、言いました。
「わかってらしたんでしょ。」と。
その声は、男性の声でした。
「あたし、男性で、女装しています。」
と、彼女は、私の耳元でいいました。
「そうですか。わかっていたわけではありません。」と私。
「あなたと目と目が合ったとき、
 あ、リード(見破る)されたと思いました。
 でも、そのときのあなたの眼差しがとても優しかったので、
 話しかけてくださらないかなと期待していました。」
「じゃあ、話しかけて、正解だったのでしょうか。」
「うれしかったです。
 あたし、外出して、声を出したことなかったんです。
 声を出さない限り完パスだと思っていました。」
「完パスですよ。私も、お仲間です。」
「そう思っていました。」
そこで、私達は、打ち解けました。

私達の降りる駅は、偶然同じでした。
彼女は言いました。
「あの、あつかましいお願いがあるの。」
「なんですか。」
「これから、スーパーに行きたいんですが、
 あたしが、買い物をしている写真を撮ってくださいませんか。
 セルフ撮りだと限界があるんです。」
「お安いご用ですよ。」

私達は、駅を降り、駅に置いてあった私の車で、スーパーに行き、
彼女が、野菜を選んだり、お魚を見て買い物をする写真を撮りました。
ついでに、景色のいい公園へ行って、彼女のアップの写真も撮りました。
彼女はとても喜んでいました。
「あたし、今度ブログを始めようと思うんです。
 今日の写真をブログに載せるつもりです。」彼女はうれしそうに言いました。
「それは、いいですね。
私も、ブログやっているんですよ。
 あなたと会ったこと、ブログに書いてもいいですか。」
私は、聞きました。
「どうぞ、どうぞ、うれしいです。」と彼女は言ってくれました。

私は、私のハンドルネームとブログ名を伝えました。
彼女は、メモしていました。

私は、彼女を駅まで送り、
彼女は、もう少し先の駅に向かいました。

彼女がブログを始めるのが楽しみです。
きっと、人気ブログになると思います。
そして、私のブログを訪ねてくれる日を、夢見ています。


■次回予告■
ちょっとえっちな短編を書きます。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。