人探し名人・柳原恵子MtF④「再び、山へ」

少し長くなりました。読んでくださると、うれしいです。

============================= 

人探し名人・柳原恵子MtF④「再び、山へ」


8月も終わりに近づき、涼しい日も増えて来た。
恵子の父啓太は、童話作家だった。ジュニア小説も書く。
パソコン1台で仕事ができる。
いつも、小さなデスクに置いたパソコンの前に座って、考えている。

恵子は、座っている父の後ろから、父の首を抱きしめた。
「恵子、やめてくれよ。今、考えているんだから。
 アイデアが、飛んで行きそうだったよ。」
「お父さんのアイデアが枯れたら、家はどうなるの?」と恵子。
「お仕舞だよ。」
「わあ、危なかった。」と恵子は、啓太から離れた。

母の美佐江は、出掛ける用意をしている。
美佐江は、ずっとコーラスをやって来ていて、
公民館のコーラス部の講師をしている。
恵子に似て、美人で、若く見え40歳代のなかばであったが、
30歳代に見えた。
恵子の女性ホルモン投与は、声変りに間に合った。
そして、恵子の少年の声が少女の声に聞こえるよう、
ボイストレーニングしてくれたのは、母の美佐江だった。
おかげで、恵子の声は、誰が聞いても女性の声である。

時刻は、午前の9時になろうとしていた。
「恵子、早く支度をして。間に合わなくなるわよ。」
美佐江は、言った。
今日は、歌舞伎のチケットが2枚手に入り、
美佐江と恵子で行くことになっていた。

「お母さん、あたし、行かない。」恵子は言った。
「どうして?あれほど行きたがっていたじゃない。」
「うん。訳はよくわからないんだけど、
 今日は、家にいた方がいいような気がするの。」
「そう。」
美佐江は、恵子の不思議な力かなと思った。
「いいわよ。なら、お父さんと行くから。」
ということになり、父母でうれしそうに出かけて行った。

「9時か。」と恵子は時計を見た。
涼しい日であったが、体は汗をかいていた。
恵子は、シャワーを浴びることにした。

シャワーから出て、体を軽く拭いて、
バスタオルを体に巻いた。
胸が、大きくなって来たので、
女の子巻が出来るようになった。

恵子は、自分の部屋に行って、姿見で自分を見た。
そっとバスタオルを取って、裸の自分を映してみた。
小、中学とあれほど運動をしてきたのに、
肩幅は女の子並に狭く、肩から二の腕へのラインも、
細く、女の子のものだった。
ピップに脂肪が付いたので、ウエストの位置が上がり、
おへその5cm上あたりにくびれが出来ている。
白くて、真っ直ぐな長い脚。
むちっとした太もも。
恵子は、自分の女の子のような体つきを、
つくづく、幸運に思った。

ただ一つ、股間に余分な物がある。
『こいつを、どうにかしなきゃなんねーな。』
恵子は、あえて、男言葉でそう言った。
そのとき、ツンとある感覚が、背筋に走った。
いけない、感じた。

少しだけ。
恵子は、そう自分に言い聞かせ、
ベッドの白いタオルケットに潜り込んだ。
うつ伏せになり、枕を縦にして、抱いた。
そして、自分の下腹部を、ベッドに押し付け、
体を前後に動かした。
少しだけと思ったのに、
頭の中に、エロティックなシーンが次々と浮かんでくる。

多分、やめられない・・。
恵子は、ティッシュを何枚かとり、熱くなっている部分に敷いた。
そして、体の動きを速めていった。
家族は留守で、声を出しても、誰も聞いていないのに、声を出せない。
だが、心では、大きな声をあげていた。
ああ・・・いきそう。
いっちゃう・・いっちゃう。
ああ、ダメ。

ティッシュの上に、温かいものが流れ出た。
ああ、するつもりなんて、なかったのに。
恵子は、わずかな自己嫌悪を感じて、ティッシュで濡れた部分を拭いた。
いい香りのするウエットティッシュで、さらに拭いた。

ショーツを履き、ベージュのキュロットを履いた。
ブラを着けて、Tシャツを着た。

時計を見ると、10時半だった。
そのとき、恵子の心に1つの光景が浮かんだ。
「そうか、やっとわかった。」
恵子は、そのとき初めて歌舞伎へ行かなかった理由を察した。

恵子は、台所に行って、冷蔵庫から、タラコと鮭フレークを出し、
炊飯器のご飯を見て、お結びを作り始めた。
4つ作り、一つ一つラップで包み、
お結び用の海苔を4枚、別のラップに包んだ。
それを、買い物袋に入れて丸めた。
濡らして絞ったお絞りを2つ。
500mlのペットボトル2本に麦茶を入れた。
全部を小さなリュックに入れた。

自分の部屋にもう一度行って、棚を見渡した。
小さなハモニカが目に入り、それを取って、リュックに入れた。
「これで、いいかな。」

恵子は、メッシュの縁のある帽子をかぶり、家を出た。
よく晴れた日だ。
恵子の団地から、徒歩で頂上まで行ける山が、3つある。
恵子は、その内の一番低い標高198mの「見晴らし山」に向かって歩き出した。
山のふもとの女坂を選んで登り、
途中の分かれ道で、「くぬぎ峠」を選んだ。

薄っすらと汗をかいて来た。
くぬぎ峠は、木に囲まれている道で暗い。
だがやがて、前方に、木々が開け、
陽だまりのようになっている場所が見えた。
そこにたどり着くと、思った通り、
男性の老人が、大き目の石に座っていた。
白い盲人用の杖を、膝の上に置いて、
風に、汗でぬれたシャツを、乾かしているように見えた。
あたりは、ひっそりとして静かだ。

恵子は、老人に近づき、
「めっけ!」と言った。
老人は、声の方に顔を向け、
「はて、誰ですか。私はこの通り目が見えません。」と言った。
「おじいちゃんの役に立とうと思って来たんですよ。」
「そうですか。それは、ありがたい。
 恥ずかしながら、目が見えないのに、山へ登ろうとしました。
 なんとか、ここまで登ってきましたが、
 さて、下りは、私には、10倍むずかしい。
 だから、こうして、どうしたものかと考えていたのです。

 今頃、施設の方々が心配をしているかも知れません。
 少し、散歩をしてくると置手紙をして、
 何も、持たず出て来てしまいました。」

恵子は、老人の隣の少し小さめの石に座った。
「柳原恵子と言います?おじいちゃんは?」
「高橋吉蔵といいます。」

「あたしは、これから、おじいちゃんの施設に電話をして、
 おじいちゃんが、無事であることを告げねばなりません。
 おじいちゃんの施設は、多分『聖心園』ですか。」
「どうして、それを?」
「小学校のとき、私は、ブラスバンドクラブにいて、
 『聖心園』で一度、交流の演奏をしたことがあります。」
「ああ、そうですか。覚えています。確か5年程前です。」
「あたしは、6年生でした。」

恵子は、ケータイを出し、吉蔵に番号を聞き電話をした。
そして、吉蔵と今いっしょにいて、責任を持って園にお連れすると言った。

「これで、安心です。ゆっくりできますね。」
「ありがとう。神様が、あなたをここに遣わせてくださったようです。」
「お結びを作ってきました。一人2個ずつです。その前にお絞りです。」
恵子は、お絞りを渡し、お結びに、海苔をつけて、吉蔵の手を取り、
お結びを乗せた。
「これは、どうもありがとう。いただきます。」
恵子も自分のを作って食べ始めた。
「ああ、おいしい。あの時と同じです。
 私は、40歳のとき目が見えなくなりました。
 若い頃、友人たちと1度この山に来たのです。
 その中に、私の妻もいました。
 妻は、もう亡くなりました。
 今朝、無性にあの頃の妻や友人たちの声が聞きたくなり、
 ここまで来てしまったのです。
 いささか、無茶をしました。」

「お声は、聞けましたか?」
「いえ。残念ですが、聞けませんでした。
 しかし、あの日みんなで食べたお結びのおいしさは、
 今、こうして、あなたに味わわせていただいています。
 あの日のお結びと、同じ味がします。」
「そう言ってくださると、うれしいです。」

お結びを食べ、お茶を飲み、吉蔵は、幸せそうな顔をしていた。
「そうだ。」と吉蔵は言った。
「恵子さんは、ブラスバンドで園に来てくださったと言いましたね。」
「はい。」
「バンドの音楽は、迫力があって、心が躍るようでした。
 でも、最後に、一人のお子さんが、ハモニカの演奏をしてくれました。
 曲は、『浜辺の歌』でした。
 その演奏は、心の奥まで沁みとおるようでした。
 忘れることができません。」吉蔵は言った。

恵子は、自分がなぜハモニカを持って来たのか、このときわかった。
「おじいちゃん。あのときハモニカを吹いたのは、あたしです。
 今日、ハモニカを持ってきました。」
「本当ですか。」
「はい、あの時より、下手になっているかも知れません。
 じゃあ、聞いていただけますか。」
「はい。」

恵子は、両手に入るような小さなハモニカを持って、
手で、ビブラートを入れながら「浜辺の歌」を吹いた。

吉蔵は、うつむきながら、じっと聞いていた。
その内、吉蔵の目から、涙が一筋、二筋と頬を伝わって流れた。

演奏が終わったとき、吉蔵は、拍手し、
「ああ、よかった。心が洗われました。」そう言った。

「では、おじいちゃん。あたしは、今から警察に電話をします。
 そして、警察の方にここまで来ていただいて、
おじいちゃんを園まで送っていただきます。かまいませんか。」恵子は聞いた。
「ありがとう。今日は、がんばってここまで来た甲斐がありました。
 友や妻の声は聞こえなかったが、恵子さん、あなたに会えました。
 素晴らしいハモニカの演奏を聞けました。
 このところ、私は、少し心が塞いでいました。
 しかし、今日、あなたに会えて、元気が出ました。
 ありがとう。心からお礼を言います。」
「あたしこそ、おじいちゃんにお会いできて、よかったです。」
恵子は、心からそう思った。

やがて、恵子の連絡で、屈強な警察官が2人来て、
吉蔵を負ぶって、山を下りた。
吉蔵は、パトカーに乗り、園まで送られた。

恵子が家に帰ると、父も母も帰って来ていた。
恵子は、山での出来事をみんな話した。
「えええ?そりゃ、歌舞伎よりずっといいことをした。」
と父の啓太は喜んで手を叩いた。
「よかったわね。恵子にとっても、いい一日だったわね。」と美佐江は言った。
「じゃあ、今日またお寿司?」と恵子は、乗りのいい父に言った。
「ああ、そうしよう。なあ、母さん。」
「はいはい。」と美佐江は笑った。

<第4話 おわり>


■次回予告■
次は、一番遠くまで、恵子は特殊能力を働かせます。
今のところ最終話にする予定です。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム