一難去ってまた一難

一難去ってまた一難

早く明るい記事を書きたいなと思っているのですが、
手元が解決しないと、明るい物がかけません。

妻とは、奇跡の和解をしました。
「あなたといても何も楽しくない。」と言ったのは、
「今の鬱っぽいあなたといても何も楽しくないと言ったの。
 また元気なあなたに戻ってくれたら、それでいいのよ。」
「じゃあ、別居しなくていいわけ?」
「別居なんてしないわよ。あなたが鬱でも躁でも、いっしょにいるわよ。
ただ、元気なあなたになったらいいなあと思ってるだけ。」

「君が2つの嘘をついたこと、娘に話した?」
「昨日の夜話したわ。」
「よく話したね。嫌だったでしょう。どうだった?」
「同じ、あの子のあなたへの嫌悪感は変わらないわ。」
「まあ、そうだろうな。あれだけ嫌悪感の塊になってしまったら、
 何をいっても、焼け石に水だろうな。
 30年は口きいてくれないな。ぼくが死ぬ前には、一言くらい話してくれるかな?」

今日、妻は留守でした。
私は、パンを焼こうとトースターの前にしゃがんでいました。 
そこに、娘が昼をつくろうとやってきましたが、
私の姿を見るなり、怒りに燃えて鍋をなげつけ、
トイレや、2階の部屋のドアを、恐ろしいほどの力で、蹴りまわりました。
その激しさに、私は、恐怖さえ感じました。

娘は、私の鬱のときも、躁のときも見ています。
(自分にも、あの血が流れているのか、という不安、怒り。)
それが、25歳を超えて、自分もどうなることかと思っている。
今の、鬱っぽい私の風貌を見ると、耐えがたい怒りとなって、
燃え上がるのでしょうね。そんなことを、思いました。

私は、明日理髪店に行って、少しでも明るいイメージになろうと思います。

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト

悪いのは妻なのに(また、暗い話ですみません)

コメントをくださりありがとうございました。
おかげさまで、頭を冷やして話し合いを持つことができました。

妻と話し合い、妻がこども達に2度嘘をつき、私を悪者にしたことをはっきりさせました。
妻はそれを認めました。
「じゃあ、娘にちゃんと、それを話してよ。ぼくは、いつまでも悪物になっちゃうからね。」
「はい。話すわ。」と妻は言って、そのまま娘に話しません。
娘は、私への嫌悪で固まっていて、私が話をできる余地がありません。

妻は、家では清廉潔白なイメージで来ましたので、
自分が嘘をつき、私を悪者にしたなどということは、到底言えないのです。
だから、次の日も、次の日も言いませんでした。
妻は、永久に言わないでしょう。
私が娘に話せるチャンスは、永久にきません。
娘に手紙を書いても、読まずに捨てるでしょう。
今の娘は、つまから真実を知らされても、信じないでしょう。
(洗脳されています。)

こうして、日が経つにつれ、偽りのことが事実としての座を得て、
真実が消されていくのだなあ・・と。

今のところですが、状況はこんなところです。

私は親ですので、やっぱり娘の幸せを考えます。
どんなに娘が私を拒否しても、娘の衣食住の心配をしています。
妻と娘は、団結し、うまく行っています。
それなら、それで、いいやと思ってしまいます。

私は、体重が、53kgから47kgに減ってしまいました。
よいダイエットにはなりましたが、元気が出ません。

小さなアパートを借りようか、精神科系の病院に入院したいなと考えています。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



娘と喧嘩しました

珍しいんですか、娘と喧嘩をしました。
喧嘩をすると、顔をわざとらしく合わせないようにするのが、娘の武器です。
私が正しいのに、娘は自分が正しいと思っていることが腹が立ちます。
おまけに、妻も、娘が正しいと思っています。
ただ、妻は、誰も孤立しないように、中立を守っているところは、さずが大人です。

私は、大人なので、娘が話しかけてきたら、そこで終わりです。

息子と娘の喧嘩は、3年間も続きました。
この先どうなるんだろうと、妻と心配したものです。
今度は、私だなんて。

バアーとこちらの言いたいことぶちまけて、どうだ、お前が悪いだろ!
といいたいのですが、下手をすると、はい、それま~で~よ~になってしまいます。

はあ~、いやんなっちゃうなあ。
平和な日々がこないものでしょうか。
喧嘩の原因は、大したことないんですよね。

度重なる愚痴、ほんとに失礼いたします。

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム