やっと、元気になりました「初めての日射病」

やっと、元気になりました「初めての日射病」


数日前、夜中にパソコンを打っていたら、
なんだか吐き気がしまして、
吐き気がドンドンひどくなって、
布団にうずくまっていました。

すると、妻と娘が、帰って来て、
「わ~、何、この部屋、これ蒸し風呂じゃない!」
といいます。
二人は、私を裸にして、窓を開けて、体を仰いで、
私は、やっと生き返りました。

これぞ「日射病」なのでした。
私は、日誌病の経験がなかったので、わからなかったのです。
体感温度が、完全にくるっていました。
不思議です。妻や娘が帰って来た時、
部屋は、30度を超えていたのに、私の体感温度は、20度ほどだったのです。

主な症状、「吐き気」です。これが、一番つらかったです。
若い人は、体を冷やせばすぐに治るのかも知れませんが、
私くらいのになると、なかなかなりません。
でも、吐き気というのは、苦しいです。
皆様、くれぐれもお気を付け下さいませ。

明日くらいから、ぼちぼち、短いエッセイを書きたいと思います。


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



スポンサーサイト

新聞読もうか、読むまいか

新聞読もうか、読むまいか

(あまり、ハッピーなお話しでは、ありません。)

私は、躁鬱病になってから、新聞が全く読めなくなりました。
その他、読書、テレビ、果ては漫画まで。
その頃、見られたのは、ビデオとパソコンだけでした。
ある日、先生に聞いてみました。
「テレビがだめなのに、ビデオならどうして見られるのですか。」
先生曰く、
「ビデオやパソコンは、見たくないとき、いつでも、ストップできるでしょ。
 一方、テレビは、常に付いて行かなければならない。
 これ、プレッシャーなんですよ。」
「なるほど。」と私は納得しました。

新聞を見なくなってから、ずいぶんになりました。
ある日、妻がいいます。
「あなたは、仕事柄、そろそろ新聞位読んだ方がいいんじゃないの。」
「新聞見なくても、ちょっと恥かくだけで、こまらないよ。」
「その、ちょっとの恥が大きいじゃないの。」
「昔から、新聞読むと腹が立つんだよ。」
「軽く読めばいいのよ。」

「わかったよ。」
私は、そういいながら、You Tube で読むことにすればいいやと思っていました。
You Tube なら読めます。

それから、私は、新聞とYou Tubeを比べながら読みました。
そして、1か月くらいして、気が付きました。
新聞とYou Tube とでは、中身が違うのです。
You Tubeにでかでかとでていることが、新聞には、記事がない。
また、その逆。
一番ショックだったのは、当時、慰安婦だった女性のことです。
日本兵が、20万人もの韓国の慰安婦を集め、性の慰安婦としたということです。
そして、兵士は、好き放題に彼女たちをもてんだそうです。
その人達を、弔うために韓国の若い人が、「少女像」を、韓国大使館の前に立てした。

このとき、妻と、言い合いました。
「デマ、じゃないのかなあ。」私。
「新聞に書いてあったわよ。」
「ちょっと、考えてみてよ。20万人何て、どれだけの人数だと思う?
 当時の兵士は、いろいろ忙しんだよ。訓練もあるし、掃除、洗濯もある。
 20万人何て、東京ドーム2カップくらいだよ。
 何時、どうやって、集めるんだよ。」
「そう書いてあったんでしょ。新聞社は、いい加減なこと書かないわよ。」

私は、私を頭から信じない妻に、腹が立って、
喧嘩になるので、この話は、もう止めようと思いました。
こんなことなら、新聞なんか、読まなければよかった。

ま、新聞はざーと見て、You Tube は、ちゃんと見ようと思います。
(それに、私の間違いかも知れません。)

※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



Aセックスについて

Aセックスについて

私は、えっち系のお話しを書くとき、セックスの
フィニッシュとして、登場人物に、よくA(アナル)セックスをさせます。
ところが、私自身は、Aセックスの体験がほとんどないんです。
物語や空想の中でなら、Aセックスが大好きなんですけどね。
例え物語の中でも、Aセックスのとき、アナルの中は、
必ず、きれいだということにしています。
浣腸を3回していたり、風呂のシャワーをストレートにして、
綺麗にさせたりです。
こうしないと、書けません。

私は、Aセックスは、どのくらい感じるのかを知りたいと思っています。
ある達人によると、メスイキ(女子の絶頂)なんて、目じゃないといいます。
これには、修行があって、普段タックをきつきつにやっておくこと。
アナルの奥の奥まで、開発しておくこと。
前立腺の場所を知っておくこと、などなど。

もし、Aセックスが、一般のセックス程に、感じることができるなら、
これは、朗報です。
女性ホルモンを続けている人、去勢した人は、
一般に性感が落ち、セックスを楽しめないと言われています。
しかし、Aセックスで感じることができるのなら、性の喜びを得られます。

シーメール物の動画を見ると、シーメールさんは、
他の部分はあまり感じないのに、Aに挿入されると、
すごく、快感を訴えられます。
あれは、演技ではなく、本当にそうなのでしょうね。

シーメールさんの定義は、性感帯を失わないように、
シリコンなどで、胸をつくり、女性ホルモンを一切使わず、
Pがいつでも大きくなるようにして、射精ができること。
こんなところでしょうか。
ここが、ニューハーフさんとの違い。
いずれにしても、Aセックスは、大切と言えそうですね。


※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。



プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

瞳のセルフヌード

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム