『あやうく摂食障害になりかけました』

『あやうく摂食障害になりかけました』


しばらくお休みをしていました。
というのは、摂食障害になりかけていたのです。
初めての経験です。

私は、このところ身長は159cm、
体重は54kgが平均でした。
そう若くもないのに、あるときふと、もう少し痩せたいなあと思ったのです。
大したきっかけはないのに、
毎日の食事を減らして、痩せたいと思いました。
すると、体重がどんどん減り、50kgを切りました。
食事をさらに減らしたくなって、
体重が50kgを切りました。

すると、ジーンズなど細くて履けなかったものが、
みんなは履けるようになりました。
それが、とてもうれしいことになり、
多分、少なく食べることで、
エンドルフィンが出て来るようになったのでしょう。
そして、とうとう体重が48kgになりました。
あまり食べていないので、歩くとふらふらして、
見た目、完全に不健康になりました。

ブログに何か投稿したくても、あまり気力がわきません。
そして、とうとう、体重が45、5kgになりました。
45、5kgのとき、絶対履けなかったワンピースが、
楽々入るようになりました。
ポッコリ出ていたお腹も、真っ平らになりました。

このとき、自分は病的な領域に入って来ていると気が付きました。
そして、ダイエットをやめました。
そして、毎日散歩をすることにすると、食欲出て来て、
元気になってきました。

摂食障害とは怖いなと思いました。
いくらでも、痩せたいと思ってしまうのです。
そして、体重計に乗って、少しでも痩せていると喜びになってしまいます。
今、病的な状態から脱して、2kg体重が増えました。
すると、散歩も、ずっと楽にできるようになりました。

お若い方の場合、ダイエットしても、構わない気がしますが、
若くない私みたいなのは、要注意です。

小説ですが、今元気が回復していますので、
ボチボチ書いていけると思います。

「いいね」をくださったり、「ポチ」をくださった方、
とてもうれしく思いました。ありがとうございます。

元気が出て来たら、投稿いたします。
そのときは、どうぞ、読んでやってくださいませ。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。




スポンサーサイト

『若いもんをバカにすんな!』

『若いもんをバカにすんな!』

「性感マッサージ師・相沢京子」について

長いお話が終わると、それについて書きたくなります。
お許しください。

この物語を書くきっかけになりましたのは、若いときの体験です。
物語の中で、相沢京子は、編集者にきて、浅野麻里に3回も声掛けをしますが、
浅野麻里は、おもしろい記事を読みたさに、3回も京子に返事もせずシカトします。
「こんな失礼な人間いるのか!」と疑いたくなりますよね。
それが、いたんです。

私が、20歳くらいのときです、私は漫画が書けないので、
原作を書きました。そして、原作として編集者に持って行ったことがあります。
「漫画少女フレンド」の島へ行ってみると、背の高い女性が編集長でした。
私は、前の日に電話をして、許可を得ていました。
「どうぞ、どうぞ、いつでもどうぞ。」
とにこやかな声で言われて、胸を躍らせていきました。

少女フレンドの島には、女性編集長、
少し若い男子の編集員がいて、
後の人は出払っていました。
「あの、原稿を持ってきました。」と言って、原稿を渡しました。
編集長は、「はい。」と返事だけして、すぐに見てくれません。
私は、待ちました。
編集長が何をしているのか、見ました。
すると「クロスワード・パズル」をしているのです。
もう、30分ほど待っています。
このために、ぼくを待たせているのか、と思うと、腹が立ちました。

その内編集長は、もう一人の男性に、
「ねえ。この人の原稿見てあげて?」
「はいわかりました。」と彼が言うので、私は、原稿をもって、彼のそばに行きました。
彼がすぐ見てくれると思ったら、彼は、彼の仕事をしていて、
私のことなど眼中にありません。
30分も待ち、
私は、ずっと立っていて座りたかったのですが、
すぐそばに椅子があるのに、すすめてくれません。

私は、もう悲しくなり、そっと原稿を持って帰りました。
こんなふうに、いるんです。浅野編集長のような人が。
ですから、小説のこの部分は、「こんな人、本当にいるんです。」と
自信をもって書きました。

出版界がみんなこうかというと違います。
先は、少女フレンドでしたが、今度は「マーガレット」小学館です。少女漫画雑誌社の島を訪ねました。
編集長と3人くらいの人がいて、編集長は40歳くらいの男性でした。
私が原稿を渡すと「どれどれ。」と言って、驚く程早く読んでくれます。
「じゃあ、喫茶店で話しましょうか。」と言ってくれました。
そして、今の少女漫画の原作者は、高齢化しているので、
あなたのような若い人にがんばって欲しいと思っています。
といってくれました。そして、次のテーマをもらいました。
それは、お涙ちょーだい物。

こんな会社もあったことを紹介いたします。


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





性感マッサージ師・相沢京子⑧「偽りの意味」最終回

ものすごく長くなりましたが、一挙に投稿いたします。
お時間のあるときにでも、読んでくださるとうれしいです。
=================================

性感マッサージ師・相沢京子⑧「偽りの意味」最終回


浅野「言ってください。」
京子「みなさまのおっしゃった、ナンバー1女優と言われた、大野由香里、
   ナンバー1ニュースキャスターといわれた一条なみ江の二人です。
   仕事を止めて、畑仕事をしているなんて、とんでもない。
   二人は、2年前の1月16日。レズビアンを暴露された日の6日後に、
崖から冷たい海へ身を投げ、死んだのです。」

このときばかりは、部屋がざわざわとした。

「ほんとですか!」と田村佳代は、立ち上がった。

京子「残念ながら本当です。」
 
浅野「二人は今もお元気にされています。
    そのお二人は、お仕事を止め、野菜作りをされています。」
京子「ばかな。そんな話誰が信じますか。浅野さんは、その畑を見たのですか。
    そこで、働いている二人を見たのですか。」
浅野「はい、見ました。お二人の実家のある畑です。」
京子「あんな狭い、庭みたいなところを畑にして、生計が立つとお思いですか。」
浅野「お母様の実家なので、何とかなると思います。」
京子「実家には誰がいるのです。」
浅野「お二人と、お母様の3人です。」
京子「今もですか。」
浅野「はい、今もです。」
京子「浅野さん、とうとう尻尾を出しましたね。
   北海道の富良野くらいに言っておけばいいのに。
   私は、今、47歳です。
   大野由香里と義理の娘一条なみ江の母です。」

一同は、もう一度、ざわざわとして、目を大きく開けて京子を見た。

浅野「うそです!」
京子「これが、二人の母子手帳です。」
京子は、社長に渡した。
京子「それから、もう一つ。これは、二人が身を投げたところに、
   浅野さんが、落として行った、記者手帳です。
   二人が死んだ、2年前の1月16日、その二日後に、
   浅野さんは、記者手帳を新しくしています。
   私は、昨日浅野さんから記者手帳を拝見しています。
   発行が、2年前の1月18日になっていました。
京子は、古い手帳を社長に渡した。

京子「そして、最後です。二人が亡くなったという何よりの証拠です。
   『死亡届け』です。
   2枚です。死んだのは1月16日ですが、発行は1年後です。
   これは、世間が騒がないように、私が、待ったためです。
   私は、仲良しもいず、たった一人で葬儀を行いました。
   淋しいので、たった一人、二人の死を知っている浅野さんに、
   葬儀の知らせを出しました。でも、あなたは来てくれなかった。
   
   なぜか、来てくれると信じていたのです。
   来てくれたのかも知れません。
   我が家のそばで、
   黒いベールをかぶった背の高い喪服の女性が手を合わせてくれていたと、
   見た人がいます。私は、それは浅野さんだったと信じています。

浅野さんは、二人の死を世間から隠そうとするあまり、二人には母がいることを忘れていたのでしょう。
   二人の死を当然母は知っている。記者会見のとき、二人は生きているなどと言えば、
   当然母が異議を唱えて来るでしょう。
   そのことへの対策が、完全に抜けていました。
   その母は、沈黙を保っている。それが、不思議だとは、思わなかったのですか。

浅野は、唇を固く締め、体を震わせていた。
田村佳代が、震えながら、浅野にしがみついていた。

京子「浅野さんは、二人が海に身を投げるところを見ていました。
    その後ろで、私は、見ていたのです。
    ですから、浅野さんは、二人の死を知っています。」

京子「もし私が、復讐心に燃え、2枚の死亡届と浅野さんの記者手帳を、
   ライバル社にもっていけば、フラッシュ社はどうなったでしょう。
   記者会見での浅野さんの『二人は生きている』という発言の嘘がばれます。
   これで、フラッシュ社は、大嘘をついたと、世間は許さないでしょう。
   どうでしょう。このくらいの嘘なら『大嘘』と呼べそうですか。」

社長「浅野さん、そうなのかい?相沢さんは、二人のお母さんに間違いないよ。
   そして、この『死亡届』。これを、どう説明するんだ。
   二人は生きていると言い続けて来たのは、君だよ。」
浅野は、唇を噛みしめながら、うなずき、やがて、
両手で顔を覆って泣き出した。

スクープ写真を撮った田村には、大きなショックだった。
秘密の集会に出て、世話になっていた二人を売ったことになる。
生きているならまだしも、死んだのなら、もう自分は立ち直れない。
田村は、机につっぷして、泣き始めた。

静かになり、京子は続けた。

京子「私のフラッシュさんへの恨みは、忘れることにしました。
   法的にフラッシュさんは、「未必の故意」として無罪です。
   あの二人は、死なないこともできたのです。レズビアンと言われようが、
   強くたくましく、生きる方法もあったのです。いくらでも生きて行くことはできたのです。
   結局、あの子達は、自分で死んだのです。
   ですから、田村さん。あなたに罪はありません。
   あなたのように、頼もしければ、二人は死なずにすんだのです。
   私は、誰をも恨むものではありません。」

京子「浅野さんをたくさんいじめてしまいましたので、
    浅野さんの味方をしましょう。
    浅野さんは、会社を救おうとしたのです。
   そうですね。」
浅野は、顔を覆ったまま、うなずいた。

社長「どういうことですか。」
社長は、京子に聞いた。

京子
「浅野さんが、なぜ二人の死を、心にしまい、社長にも黙っていたかです。
 フラッシュ社は、同じ暴露雑誌でも正義としての暴露しかやってきませんでした。
 それが読者の支持を得て、ナンバー1の雑誌社となったのです。
 死んだ人は、みんな死んで当たり前と思える悪党ばかりでした。
 死なないまでも、やがて警察に捕まるべき人ばかりでした。
 それが、2年前、初めて大きな過ちを犯しました。

 ナンバー1女優とナンバー1ニュースキャスターがレズビアンだということを、
 記事にして発行してしまった。もちろん大反響を呼びました。
 しかし、心あるフラッシュ誌の愛読者は、顔をしかめたと思います。
 今まで、レズビアンなどの性的少数派への偏見と闘って来た正義のフラッシュ社が、
 二人のレズビアンを興味本位に雑誌に載せて発刊してしまった。
 何の罪もない二人の秘め事を、初めて公に暴露してしまったのです。
 それは、正義の欠片もないものでした。

 編集会議のみなさんは、恐らくスクープの大きさに目がくらみ、
 発行してしまったのでしょう。しかし、これで、
 フラッシュ社が創刊以来守り続けて来た「正義の雑誌社」という看板に、
 バッサリと大きな傷をつけたのです。
 このことに、浅野さんは誰よりも早く気が付きました。
 社会部長が不在の折、部長代理として、精一杯反対をされたことでしょう。
 しかし、大スクープを前にした皆さんを説得できなかった。
 こんなスクープを没にするなんて、頭がどうかしているんじゃないか、
 他の方には、そう映ったことでしょう。

 雑誌が発行されると、大騒ぎでした。
 一時的に二人が避難している私の実家に、連日のように、記者さんが訪れました。
 その中に浅野さんもいましたが、浅野さんは、違うことをしていました。
 彼女は、すでに2人は、自殺をするに違いないと判断し、
 その場所の見当をつけていたのです。
 そして、格好の崖を見つけました。

 一方、社会部編集長として、例の二人は、芸能界を去り、
 二人で小さな畑を耕し、暮らしています。
 どうか、そっとしておいてくださいと、記者会見で言いました。

 そして、二人が芸能界をやめ、静かに畑仕事をして幸せにしているならばと、
 世間は、それなりに、落ち着いたのです。
 芸能界なんて止めた方が言い。かえってよかったと、
 人々は、それぞれに一応の納得をしたことでしょう。
 それならば、ですよ。

 それを、二人が死んだと知ればどうなるでしょう。
 二人で、崖から冷たい冬の海へ身を投げたと知ってごらんなさい。
 悪質な興味本位の暴露記事で、才能ある二人の女性を死なせてしまった。
 法的には、「未必の故意」として、罪にはならないかもしれません。
 しかし、世間はそうは思いません。何の罪もない、レズビアンと言うだけの二人を、
 フラッシュ社は、死に追いやってしまった。
 同性愛にいままで理解を示していたフラッシュ社が、興味本位の暴露をして、
 膨大な数の雑誌を売った。とうとう金に身を売ったのか。
 これで、フラッシュ社は、終わりだ。
 人を死に追いやったあんたらは、もう正義づらして記事など書くなよ。
 今後、低俗な暴露雑誌としてやって行く道しかないよ。

 もう、お分かりですね。浅野さんは、フラッシュ社を守るために、
 二人の死を、自分だけの秘密にしたのです。
 社長は正義感の強い方です。
 社長に言ったら、社長は、必ず謝罪にいく。
 そうすれば、必ず世間にばれてしまう。

 二人の死を防ぐために、浅野さんは、毎夜中、二人が自殺をしそうな、
 実家の近くの崖のそばで、見張ってくれていたのです。
 二人が自殺しようとしたら、体を張ってでも止めようと思ってです。
 自分が代わりに、海に落ちても構わないという強い意志です。
 私も毎夜中、見張っていたのです。浅野さんの後ろで。
 真冬の深夜です。寒い中、浅野さんは、10日も来てくれました。
 二人が、20日後に死んだなら、浅野さんは20日来てくれたことでしょう。

 だけど、防げなかった。
 二人は身を投げるぎりぎりまで、楽しそうにおしゃべりし、
 あっという間に、身を投げました。

 浅野さんは、泣きました。
 地を叩きながら、泣きました。
 その声は、やがて、嗚咽となり、
 慟哭となるまで泣きました。
 その人はだれか。その人は、記者手帳を落としていて、すべてが分かりました。

 浅野さんが泣いてくれたことで、私の心は救われました。
 二人の娘を一挙に失くし、私は、孤独の中で、泣かねばなりませんでした。
 浅野さんには、10日も真夜中に来てくださったこと、
 いっしょに泣いてくださったことで、私は感謝をしました。
 だからこそ、二人の娘が畑仕事をしているという浅野さんの発表に、
 私は、口裏を合わせ異を唱えなかったのです。

 浅野さんは、月に1度、二人が死んだ崖に、
 必ず、花を置いてくれました。2年間、欠かさずにです。
 そんな、浅野さんは、今日の私との答弁でおっしゃったことは、
 すべて、本心ではなかったことと思っています。

 私は、心情的には、浅野さんの気持ちは、痛いほどわかりますが、
 やはり、ここで終わってはいけないと思うのです。
 浅野さんの自己犠牲で終わってはいけません。社長さんいかがですか。

社長は、目に涙をためていた。
「浅野さんがしてくれたことには、涙が出るほどありがたいと思います。
 この2年間、どれだけ辛い思いをしたことでしょう。
 しかし、浅野さん、私達は、低俗な暴露記事を世に出し、
 大きな過ちを犯してしまった。
 その反省と償い、そして、謝罪は、しなければならない。
 私は、他の雑誌にばれてもいい、相沢さんのお宅に伺い、
 精一杯の謝罪をしなければならない。
 そして、雑誌の1面に、社がやってしまった過ちについて、
 反省の意を示し、今後同じ過ちをしないよう、社員一同、
 気を引き締め、今後の仕事に臨んでいくという決意をしなければならない。
 これをしなければ、浅野さんだけの、自己犠牲で終わってしまう。
 浅野さん、わかってくれるかな。」

浅野は、涙ながらに、聞いていて、うなずいた。

京子「社長様。私は、浅野さんが、2年間も心の秘密になさったことは、
   やっぱり、社を救ったことになると考えています。
   2年経った今だからこそ、謝罪ができるのです。
   2年経った今だからこそ、社の反省、今後への決意が通るのです。
   これが、2人が死んだ直後であってごらんなさい。
   人々の怒りで、フラッシュ社が何をしても、何を言っても、
   通るものではありません。
   2年と言う月日は、やっぱり必要だったと思うのです。

   さっき、C子さんが、浅野さんの心の裏の苦悩に気づいてらっしゃいました。
   そういう方がいらっしゃるのは、すばらしい会社です。
  
   今回のマッサージ・サロンの件では、浅野さんは、たくさんミスをなさり、
   へまをなさり、田代さんを行かせたり、
   ずいぶん、たよりない方のように思えますが、
   ここはという大事なところでは、鋭く気が付き、
   決して言えない秘密なら、会社のために、一生心にしまおうとの、
   覚悟と決意をなさる方なのです。
   

社長「そうですね。確かに、相沢さんの言う通りですね。
   浅野さんは、この会社を救ってくれました。
   浅野さん、長い間、辛い思いをさせてしまいました。
   相沢さんの手前もあります。感謝を込めて、小さく拍手をさせてください。」
京子「いえ、娘たちも浅野さんに感謝しています。盛大にどうぞ!」
社長「そうですか。では盛大に!」
大きな拍手が送られた。
浅野は、ただ恥ずかしそうにうつむいていた。

京子「では。娘の死に私と一緒に泣いてくださった、同士の浅野さんに感謝し、
   サロンの一件は、すべてなかったことにいたします。
   大事な物をお返しいたします。お改めください。」
京子はそう言って、小さな木の箱に入っているものを社長に返した。
社長は、大事そうに受け取り、情報部長と確かめた。
社長「確かに、お返しいただきました。ありがとうございました。」

みんなが、大きな拍手をした。

散会となった。
帰ろうとする京子を、浅野と佳代は追った。
「あの、結局、あたしのために来てくださったのですね。」と浅野。
「そうでもありません。秘密って辛いですから、私も吐き出しに来たの。」京子はにっこりした。
「あのう、あたしは、許されるでのしょうか。」と佳代。
「もちろん。そうだ、お二人で、例の秘密の会を再開なさってはどうですか。」
「あ、そうですね。」と浅野。
「あたしもがんばります。」佳代。

京子は、にっこりして、帰って行った。


<おわり>


バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。






プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム