fc2ブログ

大人しいF子

実話『F子の願い』


私が、女装クラブに行っていたころです。
F子と言うとても可愛い子がいました。
背は、163cm。
そして、驚くことに、女子の細いハイウエストの持ち主で、
ヒップが女の子並に大きいのです。そして、足までが長い。
そして、太股が適度にぽやぽやで、
もし、本気で女装すると抜群のプロポーションだと思われました。

ところが、F子は、極端な内気で、ほとんど誰とも話しません。そして、本気で女装しないのです。
髪は、ライオンのようにぼさぼさにしてます。で、黒いパンツルック。
エッチしに誰かが、寝室に連れ込もうとしても、絶対動きません。
「F子は、女装だけで、満足なんだよ。」
とクラブの人達は、言っていました。
その内、F子を、寝室に誘う人は、いなくなりました。

若い物同士で、、帰るときは、ジーンズのポケットに手を入れて、がに股で歩きます。しかも、下駄。
自分のことは「俺」。この子は、ほんとに女装子なの?とみんな首をかしげていました。
とにかく変わった子でした。

それから、2年経ちました。
その間、クラブの花形だった若い人たちは、
大学を卒業し、社会人になったので、クラブにはほとんど人が来なくなりました。
それに、合わせるように、年長の人達も来なくなりました。

私が、2年ぶりに、クラブに行ってみると、F子一人が来ていました。で、私は目を見張ったのです。
その時のF子は、可愛いピンクのワンピースを着て、長いつけ睫毛をして、ピンクのリップ。
ぼさぼさ髪ではなく、ボブヘアーの可愛いカツラです。
『やっぱり、F子は、素晴らしい素質だったんだ。』 何しろ可愛くて、胸キュンです。

管理人のLさんが、私を台所に引っ張っていき、小声で、
「F子をかまってあげて。何か思い詰めて来てるのよ。」
「はい、わかりました。」と私は答え、女装をしました。髪は地毛なので簡単です。
そして、F子を寝室に誘いました。
誘っても、絶対来ないF子でしたが、そのときは、すんなりと腰をあげました。

寝室で、私は、まず一番に聞きました。
「ね、ね、F子の妄想というか、こうされたいという願いがあったら、教えて。」
F子は、少し考えていて、それから口を開きました。
「あのね。あたし(あたしって言った!)誘拐されて、ある屋敷に監禁されて、
 そこで、調教され、完全な『女』にされたいの。」(声が違う。すごく可愛い!)
私「うんうん、それ興奮する。どんなふうに女にされるの?」
F「全身永久脱毛されるの。髭もあそこも。」
私「それから?」
F「顔も、女に整形されるの。」
私「今で、十分女顔じゃない。チョー可愛いのに。」
F「そんなことない。鼻低いし、エラとかオデコとか、完全な女顔にされたいの。」

私「で?」
F「声も可愛い女声にされる。甘ったるい女声か、子供みたいな声になりたい。」
私「聞いてるだけで興奮して来る。」
F「仕草とか、動作とか、もちろん歩き方とか、完璧に女に訓練されるの。
 気持ち悪いくらいの女にさせられるの。

 メイクも上手になりたいの。いろんな女になってみたいの。
 
私「わあ~、すごく興奮する。」

F「女性ホルモンをガンガン打たれるの。でも、オッパイが大きすぎるのはイヤ。
  お尻も普通でいい。」

私「F子は、今だって、男子にしては、奇跡的に大きいじゃない。」
F「女の子は、もうちょっと大きいわ。
  それと、抱いたとき、女の柔らかさになってほしい。
でね、毎日、お前は女だって言われて、洗脳されて、
その内、自分が男だったこと忘れちゃう。」
私「で、最後はどうなるの?」
F「あたしみたいなPがある女が好きな人に売られるの。」
私「そうなんだ。F子が、そんな願望持っていること知らなかった。」
F「誰かに言ったの初めて。」
私「そう、話してくれてうれしいな。」

そのときでした、F子が、急に私に抱き付いてきました。
「お姉様が、一番好きだったの。好きでたまらなかったの。今日来てくれてうれしい。」とF子は言いました。
F子は、少し泣いているように思えました。
「あたしだって、F子が、可愛くてたまらなかった。」
F子とキスをしました。

F子は、私を畳に倒しました。
『ああ、あの無口だった可愛いF子が・・・。』私は、夢かと思いました。

長い間抱き合っていました。



「自分をもっとオープンにしてくればよかった。」と、F子は言いました。
「取り返しのつくことじゃない。
 これから来る若い人に、女の子として、お世話をしてあげれば?F子モテモテだよ。」
「そうね。もっとおしゃべりになる。」F子は、にこっとしました。


その後、私は、アメリカに行ってしまい、
F子は、典型的女の子女の子になり、夢の半分を実現しました。


<おわり>
スポンサーサイト



「ユキと雪之介」青春編①「高木公平の悩み」

「ユキと雪之介」青春編②「高木公平の悩み」


ユキのとなりの高木公平は、いい奴だが、愛想がない、
というのが、雪之介の評価だった。
雪之介は、わいわい賑やかなのが好きなのである。
ユキの見方は少し違う。
女子を笑わせるために、しゃべりまくる男子より、よっぽど公平がいい。
公平のそばにいると落ち着く。
「高木君。教えて。」とユキが頼むと、
高木は、人の目を気にせず、ユキが納得するまで、何度でも教えてくれる。
男女が接近していると、囃す輩もいるが、
高木は、そんなものを一切気にしない。

高木は、柔道部だ。
雪之介=ユキは、柔道5段である。
合気流の継承者は、柔道、剣道、棒術の修業に行かされる。
そして、5段をもらってくることを、絶対とされる。
継承者は、天才的な運動神経の持ち主であるので、短期間で5段をとる。
その雪之介の修業したものは、すべてユキと共有されている。

あるとき、高木がもの思いに浸っていることに、ユキは、気が付いた。
「高木君。柔道の悩み。」とユキが聞いた。
「どうしてわかるの?」と高木。
「君の悩みは、柔道のことしかない。」とユキが笑った。
「そう言えばそうだ。」と高木は、わずかに笑った。
「何がうまくいかないの?」とユキ。
「背負いがうまくいかない。
 軽い相手だと持ち上がるが、重い相手だと、俺がくずれる。」
「ふーん。じゃあ、お弁当のあと、あたしが見てあげるね。」
ユキはそう言った。
高木は、あははと珍しく笑って、
「俺3段だよ。」と言った。

お弁当の時間。
「教えるから、早く食べてよ。」とユキが言った。
「本気だったの?」と高木。
「本気よう。」とユキ。

二人は、早々に食べ終わった。
「じゃあ、やろう。」とユキ。
「ここで?」
「うん。」

ユキは、みんなに言った。
「今日は、高木君が、背負いについて開眼する日だから、
 ごめん、みんな、ちょっとずつ前に行って、後ろを広くしてくれる?」
みんなは、これをおもしろがって、全員が、机を前に詰めてくれた。
みんな椅子を、後ろに向けている。
中間の男子は、弁当を食べながら、椅子に上がって見ている。
その後ろは、机に上がっている。

ユキは、高木に言った。
「さあ、あたしを、背負って投げてみて。」
「え、いいの?」と高木は言った。
そのとき、見物の男子達の思いは1つ。
大川ユキの、胸が高木の背に押し付けられる。
(うらやましい。)

「思い切り投げないと、わからないから。」とユキは言った。
高木は、ユキの制服の襟を道着と見て、
背負いをかけた。
だが、ユキは、高木の背中に張り付いたように、びくとも動かない。
「もう一回やって。」とユキ。
高木は、もう一度試みたが、ユキは、びくともしなかった。

「はい。わかったわ。
 高木君、投げの途中のポーズをして。」とユキが言う。
高木は、そのポーズを取った。
「高木君、この時、肩と、曲げた脚とつま先が、1直線にならなきゃ、
 力は伝わらない。」
ユキは、高木のその3点を修正した。
「次。この時、膝が、90度になっていないといけない。
 潰れちゃうから。(修正して)
 はい、よし。この形が取れれば、どんな相手でも、飛ぶよ。」
高木は、その形を何度か、やってみていた。

「じゃあ、もう一度あたしを投げてみようか。」
ユキは、蛍光灯の位置を確認し、そう言って、高木の前に立った。
「いくよ。」と高木。
「うん。」
高木は背負った。
すると、見事にユキは宙に浮いた。
ユキの受け身は、完璧。

「大川さん、大丈夫?」と高木は言った。
すると、椅子に乗っていた道子が、言った。
「大丈夫、大丈夫。ユキは、受け身のプロだから。」
ユキは、立って、
「はい。一番体重のある、坂田君。来て。」と言った。
坂田が来た。
「高木君。坂田君くらいを投げられたら、いいわけでしょう?」とユキ。
「ああ。坂田、いいの?」
「ああ、お前のためなら、なんでもする。」
坂田は、180cm以上の背で、横にも太かった。

高木と坂田は、蛍光灯のないところへ行って、組んだ。
高木が背負いに入った。
すると見事に、坂田の巨体は宙に舞い、床に落ちた。
「すげえ、高木、やったな。」と坂田が笑顔で言った。
クラスのみんなが、歓声を上げ、拍手をした。

高木は、ユキのところへ来た。
「ありがとう。まだ、夢みたいだけど、
 今日の部活でやってみる。
 今まで、誰も教えてくれなかった。
 ありがとう。大川さんは、奇跡みたいな人だ。」と言って手を出した。
ユキは、がっちりと手をとって、にっこり握手をした。

ピューピューと指笛を鳴らす連中や、囃す連中、そして拍手。
だが、みんなそれは、温かなものだった。
1年B組は、とてもいいクラスであったのだ。


■次回予告■
ユキは、ビアンの子である川村梨花に、
電車の中で、声をかけられます。
梨花はユキに告白します。

アメリカ編『運命の診断』

アメリカ編『運命の診断』


私は、KS(クラインフェルター症候群)です。
普通2本で一組になっている染色体が1つ多いトリソミーの仲間です。
24歳で、アメリカにいるとき、発見されました。
24歳まで、発見されなかったということは、
自分がそうだと気が付かず、一生を送る人がいるということです。
1000人に1人と言われていて、
学校に1人は、いる計算になります。

私は、あるきっかけで、
隣町のバトンルージュのジェンダークリニックに行きました。
1度診察を受け、1週間後にまた行きました。
まるで応接室のようなところで、ドクターも私服でした。

これから、ドクターと話したことを書いてみようと思います。

ドク「あなたは、KS(クラインフェルター)だとわかりました。
   性の発達障害の一つです。
   これは、あなたを女性化する染色体Xが、一般の男性より、
   1つ多いのです。
   これが、あなたを女性的にしている原因です。」
私「自分が普通ではないことは、子供のころから、思っていました。」
ドク「そうですか。例えば。」
私「女扱いをされることが、多かったです。
   医学的には、例えば、どんなことですか?」
ドク「腕、脚、首が長いです。
   脚は、長くてもカッコイイだけです。
   腕は、あなたの身長に対し3cmくらい長い。
   首が細くて長い、それから、体格が華奢です。
   顔のパーツを言ったらきりがありません。」

ドク「あなたは、女性特有の好香を発しています。
   だから、女性の中にいても、男性と思われません。
   男性はあなたを本能的に、女性だと思う確率が高いです。
   男扱いされないという、大きな原因の1つでしょう。」
   
私「他にありますか。」
ドク「あなたは、合気道を長くやって来られたのに、
   肩や腕は、細いです。これは、あなたが女性の筋肉を持っているからです。
   体操の女子選手は、肩や腕が細いでしょ。女性の筋肉は、太くなりにくいのです。
私 「そう思います。」
ドク「各種心理テストの結果ですが、言語性(論理性、判断力)は、
   男性の中でもとても高いです。
   しかし、別のテストでは、父性に比べて、母性が著しく高いです。」

ドク「一番大切な、セックスですが、セックスは、一般の男性のようにできます。
   ただし、精子の数がかなり少ないので、子供を作るのは、まず、難しいです。
   しかし、あなたはモザイクといわれる軽症ですので、
   普通に子供を作れる可能性が高いです。運が悪くても、人工授精で、
   成功した人が60%います。」

私 「そうですか。」
ドク「これからの、あなたの人生設計ですが、
   いずれ男として働き、男として、女性との結婚を望みますか。」
私 「はい。女性として通すのは、アメリカでだけと思っています。」
ドク「それなら、特別なトレーニングが要りますね。」
私 「例えば?」
ドク「今は、女性の声ですから、ボイストレーニングをして、
   男性の声を出せるようにすること。
   男性ホルモンを投与して、体の感じを男性に近づけること。
   男性ホルモンで、髭がはえ、体毛が増え、
   皮下脂肪が筋肉に変わっていきます。
   これは、声にも多少の影響を与えます。
   KSの人は、骨粗鬆症になりやすく、
   また、うつ状態になりやすいので、微量の男性ホルモンは是非必要です。」

私 「男になるための治療は、今の私にとって、とても辛いものです。」
ドク「そうでしょうね。あなたは、女装願望がありますからね。
   そして、今の段階で、女性として高い水準で、社会適応していますから、
   余計そうでしょうね。」
私 「しかし、いつか決断しなければ、なりませんね。」
ドク「あなたが、女性として生きて行かない限り、そうですね。」
私 「私は、性自認は男だと思っています。だから、女性に恋をしますし、
   女性として一生、生きて行くことなどできません。」

私「私は、女装願望がありましたから、ずっとましでしたが、
  自分のKSを知らないでいる人は、どうなるのでしょう。」
ドク「むしろ、知らないでいる人の方が多いのですよ。
   結婚して、不妊相談に来てやっと知る人もいます。
   乳房が出て来て、あわててクリニックに来る人もいます。
   知らないまま、自分が色白で、女性のような顔立ちであり、
   体も、華奢であり、男としての劣等感に苦しむ人もいます。」
私「乳房が出て来ることもあるのですか。」
ドク「はい、決して少なくない確率で。」
  
私「早期に、男性ホルモン治療を受けていれば、よかったということですか。」
ドク「そうですね。10歳くらいから始めると、一般の男子と見分けがつきません。」


私は、一辺にたくさん聞いてしまったかんじで、
アパートに帰って、ゆっくり考えようと思いました。
これからのたくさんの困難が思い浮かびましたが、
今は、考えないことにしました。

明日は、また新しい一日。
明日の悩みは、明日に悩もう。

*    *   *

・私は、30歳で、居心地のよかった塾を辞めました。
・それから男性ホルモン治療を始めました。(死ぬことを真剣に考えました。)
・驚く程早いスピードで、男性化が行われました。
・私は、モザイクでしたので、子宝に恵まれました。
・声は、なかなか男声にならず、これには、本当に困りました。

*アメブロに、クラインフェルターで女性として生きていくことを選んだ方がいます。
https://ameblo.jp/yuzuyuzurihariha/entry-12631463343.html

この方です。大変な人気者で、フォロアーが7万人とか。
だから、コメントを送っても、返事がもらえません。




※もし、ポチをくださる方。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

御中根 蕗菜 です

蕗の葉陰にフキノトウ

毎日が日曜日

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム