おしらせ

ながらくこのブログが使えませんでしたが、
やっと使えるようになりました。
洋之助の話だけは、アメーバのブログに終わりまでかきます。
今後ともよろしくおいでくださいませ。


スポンサーサイト

倉田洋之助物語②「棒術の宝蔵院」<第一部・完>

今回で<第1部>終了にしたいと思います。
いい切れ目がなく、終わりまで、一気に投稿いたします。
長くなっています。お暇なときにでも、
読んでくださるとうれしいです。<第一部 終了>
======================================    

竹林がうっそうとしたところに、棒術の宝蔵院がある。
なかなか立派な寺であり、棒術では日本一である。
そこへ入る竹林の空いたところに、猫の額のような畑がある。
畑に、一人頬かぶりをした老人がいる。
ムサシは、若干緊張していた。武者震いというところか。
洋之助は、ムサシより先に、畑の横を歩いて行き、
頬かむりの老人に、にっこり会釈をして、通り過ぎていった。
ムサシもその後を歩いたが、老人と思っていたその人物が、
恐ろしいほどの眼光を放ちこちらをにらんだ。
「わあっ!」とムサシは後ろへ、5mほど飛んだ。
ムサシは、その人物に、到底かなわぬと思い平服した。
「何か、私が失礼をしましたのでしょうか。
 それなら、非礼をお詫びいたします。」
老人はムサシに近づいて、さとした。
「あなたは、自分の殺気に驚いて、後ろに飛んだのじゃよ。
 あなたの殺気が、わしに跳ね返り、それが、あなたを襲ったのじゃ。」
「では、自滅をしたのですね。」
「ああ、自滅さえ出来ぬものが、あの寺に大勢おる。
 つまり、私の返した殺気すら、分からぬ輩だ。
 あなたは、殺気を感ずるだけ、彼らより強い。
 しかし、アイツらごときに、今のような大量の殺気はいらぬ。
 必要なだけ出すのじゃ。」
「ありがとうございます。前にいます友人の洋之助は、見事に殺気を使い分けます。」
「いかにも。彼は、殺気においては達人の域です。
 私が、試しに、細く小さく飛ばしてみた殺気を、彼は、さっとかわしました。」

「洋之助は、殺気の達人なそうな。うらやましい。
 俺も、何か1つでよい、達人と呼ばれたい。」
ムサシは、洋之助に追いついて、そういった。
『ムサシは、嫉妬というものを知らない。実に好人物。』
洋之助はそう思い、うれしく思った。

宝蔵院に近づくと、荒々しい音が聞こえた。
皆、武者修行に来ている浪人だ。
壁の木の長椅子に、順番を守り座っている。
挑戦者は、皆1発で終わり。壁に身の半分を突き出されている者もいる。
葉柄(ようへい)という大柄な院生が息まいて、「次!」と呼ぶ。
次はすぐにやられる。
ムサシの横で洋之助が何かしている。
ムサシの木刀の先にクッションを巻いている。
「なんだ?」
「相手も、棒の先にクッションをつけているからな。」と洋之助。

やがて、「次!」とムサシが呼ばれた。
大柄のムサシに対し、はじめて巨漢の葉柄が小さく見える。
ムサシが構えると、
「なんだそれは。われらには、クッションなどいらぬぞ。」と葉柄は威張っている。
「いや、五部と五部でいきたい。」とムサシ。
「よし、来い!」と葉柄が言ったとき、ムサシは、すでに宙に浮いていた。
そして、「エイ!」。上段から一発、葉柄に打ち降ろした。
葉柄は、白目を向いて、大の字に倒れた。
クッションがなければ、死んでいた。

「さ、もっと強い奴のところへ行くぞ。」
洋之助がムサシの袖をとって、逃げるように外に出た。
竹林を抜け、奥の院の前の少し開けたところがある。
洋之助は、竹林を過ぎたとき、身をムサシに向け、ミゾオチに一発、
強烈なパンチをいれた。
ムサシの巨体が、その1発で沈んだ。
洋之助は、春面と言う先ほどの和尚と、
華月という和尚が近くに来ていることに気が付いていた。

時は4時を過ぎていた。
奥の院の寺の入り口に、
器用にも武器であるカシの棒を垂直に立て、その棒の上を草鞋で挟み、
そこに胡坐をかいている者がいる。
棒1本の上にいる。
背は、160cmほど、顔は可愛い、丸坊主。
名は殷春(いんしゅん)、とても強そうに見えないが、宝蔵院で負け知らずで来て、
天才を欲しいままにして来た僧である。

洋之助は、竹林の出口から、殷春の曲芸にも等しい物を見ていた。
殷春ももちろん洋之助に気が付いている。

洋之助は、殷春の前の広場にゆっくりと出ていった。
そして、ビューンと握りこぶし大の石を、殷春の棒の付け根に投げた。
殷春は、とっさに、棒を挟んだまま、宙にジャンプし、
棒を立て直して、着地した。
まるで神業であるが、洋之助は、第2投目を、殷春の棒と体が宙にあるうちに、
殷春のミゾオチに入れていた。
急所ミゾオチに石を投げられ、普通なら、痛みでうずくまってしまうが、
さすが、殷春、その痛みを微塵も顔に出さなかった。

洋之助は、言った。
「殷春。神聖なる己が武器に、胡坐をかいて座るとは、何事ぞ。
 そんなことだから、俺の第1投で、お前は棒ごと宙に浮かねばならなかった。
 宙に浮けば終わり、右にも左にも行けぬ。
 無防備となって、俺の2投目をミゾオチに喰らうことになった。
 殷春。お前は、弱いな。」
「弱いか強いか、試してみるか。」殷春はそういって、棒から降りた。
「お前の武器は?」と殷春。
「お前と俺で1本棒があればいい。それと、石。」
「こう言うことか!」
殷春の棒がビューンと伸びて来た。
棒を両手で持つ殷春に対し、洋之助は、片手で棒を受け止めた。
両手の殷春、片手の洋之助、両者は、1本の棒をねじり合った。
腕力でも誰にも負けたことのない殷春が、片手の洋之助の棒をねじり返せない。
『こんなことが、あってなるものか。
 この状態は、すでに俺の負けを意味する。
 ヤツが、空いた手に石を持ち投げれば、そこで俺は終わりだ。
 殷春ともあろう俺が、こんなに簡単に負けてしまうのか。
 なんの棒術も使わぬまま、負けるのか。』

「そうだよ。」殷春の心の声が分かるかのように洋之助は言った。
「殷春が、両足を地について、棒を体の横に立てていれば、
 ミゾオチの石など、ぽんと棒で返して終わりだ。
 殷春の両手が、俺の片手に負けているのは、ミゾオチの石のためだ。
 普通ならもんどりうって痛がる所を、我慢している。
 それに、ほとんどの力を使っているのさ。
 今、脚さえも、使えない。跳躍もできまい。」

「なぜ、俺を殺さない。左手で石をなげれば一発だ。」
「殷春に殺気がまったくないからだ。オイラの殺気もゼロのはずだ。」
「どういうことだ。」
「殺気のない者同士、棒を振るのを何という。」
「チャンバラか。」
「殷春は、チャンバラの相手が欲しい。つまり、殷春は一人淋しくてたまらない。」
殷春は、力尽きて棒を離し、洋之助の前に手を突いた。
洋之助は、その前に正座した。

「俺は、宝蔵院の連中に追い出されたんだ。
 あいつらは、俺に嫉妬した。」殷春。
「みんなの気持ちが、今も同じとは限らないよ。
 殷春を失って、深く反省しているかも知れない。」
「俺も、いけなかった。強いことを鼻にかけ、生意気だった。
 これからは、いろんな技を、みんなに惜しみなく伝えたかったのに。」

春面は華月と共に、涙ながらに来た。
「殷春、宝蔵院に戻る気になったのか。」と春面。
「和尚様。自分のような人間でも、友の役に立てるかも知れないと思いました。
 私は、生意気でした。嫌われてあたりまえです。それを、人のせいにしていました。
 こんな私をずっと見守ってくださっていることを、知っていました。
 いつも感謝していました。ありがとうございました。」
「うんうん。」と春面はうなずいた。

 そのとき、おおおおおと声をあげて、宝蔵院の連中がやってきた。
 大男の葉柄を先頭に、みんなは、殷春に両手を付いた。
「華月さまから、殷春が戻ってくるかもしれぬと聞いて、迎えに来た。
 殷春、許してくれ。俺は殷春に嫉妬し、仲間を作ってお前を追い出した。
 卑怯だった。最低だった。
 殷春がいなくなってみて、俺らは、殷春がどれだけ大切な仲間だったか気が付いた。
 何度後悔したかわからぬ。皆も同じ気持ちだ。
 殷春のいない宝蔵院は、宝蔵院ではない。」
葉柄と仲間は、顔中涙だらけにして言った。

殷春は、膝を地について、葉柄の手を両手に取った。
殷春も泣いていた。
「淋しかったのだ。皆から離れて一人、淋しくてたまらなかったのだ。
 悪いのは、すべて俺だ。俺は、自分が強いと思って、いい気なり、
 強さを鼻にかけていた。嫌われて当たり前だった。
 俺は、自分だけが強くなればいいという考えを捨てた。
 仲間みんなで強くなる方が、どれだけの喜びか、それがわかった。
 俺にできることは何でもする。また、俺を迎えてくれるか?」
「あたりまえだ。」
葉柄は言った。
皆は、おおーと声を上げた。

殷春の荷物をもって、皆は、宝蔵院に帰って行った。
華月もそれについていった。

春面は、にこにこしている洋之助のところにやってきた。
「あなたという方は、なんという。
 あなたは、彼らの喜ぶ姿を心に描いて、ここに来てくださった。」
「いえ、運がよかっただけです。」
「洋之助殿とおっしゃいましたね。もしや、倉田洋之助殿では。」
「はい、そうです。」
「なんと、では、鷺の院を卒業された。」
「あ、はい。やっと院の名前を思い出しました。」
「800年に一人の卒業生。只一人の免許皆伝。
 殷春へのご対応、うなずけます。」
「そんな、そんな。わたしは、あそこに伸びていますムサシが、
 人を殺さぬよう、ついて回るのを、当面の目標にしています。」
「そうですか。ムサシ殿も幸運な。」
「では。」

洋之助は、ムサシの気を戻し、
「ムサシ、引き分けだ。また来よう。次の殷春殿は、今日の比ではないぞ。」
そう言って、ムサシを肩に背負い、和尚に礼をしていった。
春面は、洋之助を、惚れ惚れと見送っていた。


<第一部>完

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





倉田洋之助物語①「ムサシとの出会い」

スーパー洋子の男の子江戸時代バージョンで、少し書きたくなりました。
いろんな漫画の影響を受けています。前もってお詫びいたします。
おもしろいという自信が全くありませんが、
読んでくださるとうれしいです。
================================   

倉田洋之助物語①「ムサシとの出会い」


ここは、山奥のそのまた山奥の古寺。
相当に古い寺で「鷺の院」と書いてあるが、ほとんど読めない。

今、中で、一人の若者が、卒業試験を受けていた。
名は、倉田洋之助。
横に最高齢の白い髭の和尚が2人。
若侍は、身長が153cmほど。対する若者は、170cmほどの高さ。
卒業試験とは、殺気を感受する試験である。
若侍に対して、長身の者は、木剣を上段に構えている。
彼は、試験官である。

緊迫した空気の中、試験官が「キエーイ!」と木刀で洋之助を打つ。
洋之助は、木刀を見て、びくともしない。
試験官から、全く殺気が感じられなかった。避ける必要なし。
四本目あたり、『次は、頭を勝ち割る。』試験官はそう思った。
これは、本気で打ち込まねばならない。
それが、できないものは、試験官の資格はない。
試験官は、先ほどと全く変わらぬ様子で、「キエーイ!」。
すると、洋之助は、瞬時に試験官の腕をとり、床につぶした。

二人の和尚は、顔を見合わせ、うんうんと嬉しそうにしている。

こうして10本。洋之助は、すべて殺気の有無を感知して、
100点満点を取った。

二人の和尚は、正面に座を移し、洋之助を前にした。
髭の白く長い和尚は、言った。
「洋之助は、この寺800年の歴史の中で、
 ただ一人、この殺気の試験に合格したものじゃ。」
「ほんとですか!」と洋之助は、にこにこして、身を乗り出した。
「よって、お前に免許皆伝を授ける。
 これからは、寺を出て好きなところへ行くがよい。」
洋之助は、にこにこして、
「あのう。免許皆伝の巻物なんてあるんですか。」
「ない。わしが、そう言うたら、免許皆伝じゃ。
 もう一人の和尚が、
「あんな巻物道中の邪魔であろう。なんの役にもたたん。」
「そうですね。」と洋之助は言って、「長い間のご教授、ありがとうございました。」
と、二人の和尚に正座をして礼をし、外に出た。
小坊主が大勢集まって来た。
「首尾は?」
「えへへ、合格!」と洋之助は飛び上がった。
「うへえ。この寺が合格者を出すのか。」
「俺は、ここへ何年もいるが、合格した人を見たことがない。」
「とにかく、祝いじゃあ、というても、何もないがな。」
 長身坊主が、洋之助を肩に乗せて、
「何もないが、とにかく、祝いじゃ。」
同じことを、小坊主が言いながら歩いた。



昼下がり、ある街道の茶店の前で、水を撒いている娘がいた。
洋之助は、前髪、後ろをちょんまげのスタイル。
着替え1枚を風呂敷にくるみ肩に結んでいる。
金もなく、長机に座ってただ見ていた。
すると、ゴロツキが5人、にやにやとやって来て、娘のお尻を触ろうとする。
「こらー!何をする!」
洋之助は、手を広げ割って入った。
「なんだと、このチビ侍がよ。」
と、いちばん背が縦にも横にも大きいのが洋之助をにらんだ。
娘は、洋之助の背に、隠れた。
その内、5人は、顔に恐怖の色を浮かべ、
がたがたと体を震わせて、逃げていった。

洋之助と娘が後ろを見ると、身の丈6尺(180cm)ほどの、大男が立っていた。
こんな大きな侍を見たのだから、ゴロツキが、一辺で逃げるのも無理もない。
大男と洋之助は、長机に並んで座った。
その内娘が、皿に団子を3本もってきた。
「ありがとうございました。お侍様のお蔭で、
いやな目に合わずに済みました。お礼でございます。」
そう言って、娘は、大男のすぐ横に団子を置いた。
3本である。分けようがない。
「お女中。しばし、待たれよ。
 勘違いをされておる。あなたを救ったのは、こちらの剣士だ。
 わしは、何もしておらぬ。ただ、偶然ここにきただけだ。」
「でも、ゴロツキは、お侍様を見て逃げました。」
「どうして逃げたかなど問題ではない。
 こちらの剣士は、強いのかも知れぬ。悲しいほど弱いのかも知れぬ。
 全く勝てる見込みがなくても、お女中の声を聞いて、
 体を張って、ゴロツキの前に立ってくれたのだ。
 俺がこなければ、ゴロツキに滅多打ちにされ、死ぬかもしれぬ。
 この人は、俺が来ることなど、全く勘定にいれていなかった。
 それほどの覚悟をもって守りに来てくれた人に、何の礼もせず、
 ただ通りかかった俺などに、礼をするとは、
 人の行為のありがたさを、今一つ学ばれるがよいな。」

大男に言われ、娘は痛く反省して、目に涙を浮かべた。
「はい。その通りでございます。あたしが間違っておりました。
 このお侍様に、あと3本持って参ります。
 お侍様。かばってくださり、ありがとうございました。」

娘は、洋之助に団子を持ってきて、ペコペコしてさがった。

「おじさん、いい人だね。ありがと。お蔭で団子3本いただき。
 オイラは洋之助って言うんだよ。」
「俺は、ムサシ。」
二人は団子と茶を飲みながら、上機嫌だった。
「ところで、洋之助。さきほどは『悲しいほど弱いかも知れぬと言ったが、
 並々ならぬ腕だな。」
「ムサシ、どうしてわかるのだ。」
「おぬしの掌に小石が2つある。
 あのゴロツキ5人の中で、娘に手を出す度胸のある奴は、2人。
 やつけるに必要な石だけもっておる。」
「わあおわお。それが分かるとは、ムサシも相当なものだな。」
「あはは。誉めてもらうとうれしいな。」
二人は、団子を食べ終わり、娘に礼を言って歩き始めていた。

「では、次は、槍の宝蔵院とでもいうところかな?」と洋之助。
「よくわかるな。」
「武者修行のお決まりのコースだよ。
 あそこは、春面という恐ろしい老和尚と、
 殷春という、俺みたいに可愛い顔の坊主がいる。
 和尚は戦わない。殷春は、恐ろしく強い。ムサシといい勝負だよ。」
「もう、俺の実力がわかるのか。」
「ああ。ムサシは恐ろしく強い。」
そのとき、洋之助は、ぷんと後ろを向いて、石を3つ投げた。
もう安心と、しつこく娘にやってきた5人中の3人の額に、ビシリと当たった。
「洋之助、見事!ここから3人がわかるのか。」
「えへへ。」と洋之助は笑った。
ゴロツキは逃げていき、
娘が、お盆を持って、頭を下げていた。

(次回、「槍の宝蔵院」です。)

バナーをこちらではまだ貼れずにいます。
アメブロの方で押してくださると、幸いです。





プロフィール

ラック

Author:ラック
上は若いときの写真です。ISなので、体は、かなり女子に近く発育しました。でも、胸はぺったんこです。戸籍は男子。性自認も男子、そして女装子です。アメリカの大学で2年女として過ごしました。私の最も幸せな2年でした。そのときの自叙伝を書いています。また、創作女装小説を書いています。毎日ネタが浮かばず、四苦八苦しています。ほぼ、毎日更新しています。
どうぞ、お出でください。

リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

自己女性化愛好症

御中根 蕗菜 です

女装子動画 Japanese crossdresser porn

enma’s blog

女装子&ニューハーフのペニクリ&アナルマンコ

MadameM【秘密の手帳】

川*´v`*川し

復讐の芽 ***藤林長門守***

橙の電車
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム